ストレスチェックとメンタルヘルスケア

 

なぜメンタルヘルスケアが必要か?

ストレスチェックによって高ストレス者を見つけることができますが、労働者は医師から面接指導を受けながら対応していくことになります。改善策については事業者に対しても伝えられますが、メンタルヘルスはそもそも心の健康を意味しています。労働者が高ストレスを抱えていれば、職場で長期間仕事ができなくなってしまいます。そこでメンタルヘルスについては、企業としても改善してケアができるように取り組むことが求められています。人材を失うことは経営上のリスクにもつながってしまうので、メンタルヘルスは極めて管理することが重要です。ポイントを把握しながら、メンタルヘルスに対して効果的なケアなどに取り組むようにしましょう。

 

ストレスチェックの必要性

そもそもストレスチェックというのは2015年12月から改正され、労働者が50人以上の場合は義務として年に1回実施しなければなりません。結果を確認しながら高ストレスを抱えている労働者に対して、面談指導を医師が行いながらセルフケアを行いつつ職場環境の改善に企業が努めていくことになります。労働者が一斉に受けることによって、集団分析も行えるようになります。そこから労働者が健全なメンタルヘルスを維持できているか把握することもでき、状況によっては早い段階でケアを行うことも検討しなければなりません。そして労働者にとってもストレスチェックを実施することによって、自分がストレスを抱えているかどうか気づくことができます。そしてメンタルヘルスが不調だった時には、着実に効果のあるセルフケアを考えていくきっかけになっていきます。

 

メンタルヘルスケアの実施方法

メンタルヘルスケアについては、様々な観点から取り組んでいくことが重要です。その中でストレスチェックを行う義務が昨今事業者に課せられていますが、結果の開示や閲覧範囲は理解しておかないと罰金などを課せられてしまいます。実施者や労働者も理解しておかないと、個人情報保護などで影響を与えるので注意しなければなりません。メンタルヘルスケアを他の人がアドバイスしたいところですが、参考にしたいとストレスチェックを勝手に閲覧することはできません。対象者のストレスチェックの結果は同意がない限りは、チェックして判断することができないようになっています。なおストレスチェックの結果は図式化しているので、面接指導時にも分かりやすく把握することができます。そして医師による面接指導では申し出を行ってからは、労働者は情報を開示したことを同意することになるので注意が必要です。しかしストレスチェックの結果を開示してから医師の面接指導を行って作成される意見書が不利益な状況になっていくのは禁止されているので、取り扱いに注意しないと罰則が生まれます。

会社側としては職場環境などを集団分析を行いながら改善するように取り組んでいき、労働者のメンタルヘルスケアに活かすことができます。把握しながら改善していくことは会社全体で取り組んでいくことが求められ、労働環境などを変えていくことでストレスを抱えずに健全な状態で業務を進められます。

 

メンタルヘルス不調者の傾向

労働者のメンタルヘルス不調には、労働環境や人間関係など、さまざまな要因が関与しています。とくに最近では、パワーハラスメントやセクシュアルハラスメントなどの職場内ハラスメントが原因で、メンタルヘルス不調に陥る労働者も増えています。中でも過重労働はストレスを抱えてしまうと特に問題視されているので、時間短縮や仕事量を調整していくことが重要です。メンタルヘルスケアについて労働者もあらかじめ知っておく必要があり、それに見合った研修や情報提供を行うことも必要不可欠です。労働者だけでなく管理監督者にも教育することで、セルフケアや各部署ごとにケアを促進することができます。他にも外部機関でメンタルヘルスに関する研修を行っていることがあるので、積極的に労働者を参加させるのも方法の一つです。

 

メンタルヘルス、企業はどう関わっていくべきか?

企業としては相談窓口を設置することを検討しながら、労働者のメンタルヘルスケアに努めていくことが重要です。相談を気軽に行える場所を構えておくことによって、労働者のメンタルヘルスケアに活用できます。さらに労働者の休暇取得や復職についてもサポートしていくことができるので、人材確保に関するリスクマネジメントにつなげることができます。結果については対象者だけが状況を把握しているので、どうしてもストレスチェックの結果は多く取得することができません。また個人情報保護など、セキュリティについても意識しなければなりません。労働者のメンタルヘルスケアを確認していくためには、それ相応の部署を設置することも必要です。それはアピールポイントとなり、他社と比較した時にメリットになることもあります。最近ではリモートワークも増えており、企業では孤独感などで労働者がストレスを抱えないようにフォローアップしていることもあります。メンタルヘルスケアは常に行わないと、将来的に休職や離職を引き起こしてしまいます。そこで働き方も労働者に意識してもらうとともに、ストレスを抱えずに常に健全な状態で仕事を行える環境を作っていくことが企業に求められています。企業においては健康経営といわれる、労働者が常に健康管理を考えながら経営に携わっていくことを考えていくことができます。これが生産性をアップさせたり、企業活動を活性化させます。メンタルヘルスケアに力を入れながら、リスクマネジメントを行っていくようにしましょう。

 

KIRIHAREのストレスチェックシステムについて

 

労働者が50名以上の場合、年に1回実施義務のあるストレスチェックですが、KIRIHARE EAPサービスが提供するシステムを使えば、無料で運用いただけます。 厚生労働省が推奨する「職業性ストレス簡易調査票(57項目)」を使用しているため、企業側で質問票をダウンロードする手間などいらず、手軽にストレスチェック計画を作成! その他、ストレスチェック実施支援(従業員へテスト実施を促す一斉プッシュ通知など)や、産業医面談日の設定・通知、面倒な事務作業や集計、集団分析の実施なども弊社が提供するシステム上で全て完結! ストレスチェックシステムは、永続無料でご利用いただけますので、気軽にお問い合わせください。 サービスの詳細は、以下URLよりご確認いただけます。

▽KIRIHARE EAP(ストレスチェックシステムについて)                                             https://kirihare.jp/stress_check_system/                                                            ▽資料請求                                                https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq                                               ▽新規登録(人事ご担当者様向け)                                                   https://kirihare.jp/ap/user/register                                                          ▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから                              https://meetings.hubspot.com/operation9/eap