教職員のメンタルヘルス -現状-

教職員の場合、問題になりますのは、学校のクラブ活動など、勉強という指導以外にも駆り出されるという問題があり、重労働となってしまう

 

1.教員のメンタルヘルスの現状

身体的な負担が多いと結論付けされています。

指導者であるという立場でありながら、先輩の指導者である先生方の人間づきあいのほか児童の面倒を見るという部分での身体負担が大きく、仕事量の多さから精神が疲弊する問題を定義しています。これは、指導と仕事量の多さから自分のプライベートな時間を圧迫しているということで仕事を辞めてしまうものが多いということです。

 

2.身体的不調を周囲が気付けるが重要

周囲の人が支えるという仕組みがないと崩壊が容易です。

カウンセラーを導入すれば、問題が解決するのでは?と考える方が多いのですが、この方法はあくまで客観的に教員自体がどのようなことをストレスであるかと気づかせるにすぎないため、周囲が環境を整えて、ストレスの軽減をする取り組みをしないと職場環境が改善しません。

しんどい、つらいと感じる場所で指導者であり続けるより、別のところで活躍したほうが良いと感じるがゆえ、メンタルそのものがつらいと感じたりしんどいと感じる者に対して耐えるということから逃げるに置き換わるのです。

 

3.職場の改善が最も身近な解決策

改善策が機能していない点が今後の課題

残業ありきで学校の教員が自らのプライベートな時間を消費している点にあり、改善策こそあるのですが、改善策が機能していない点が今後の課題になっています。

 

 

 

教員のメンタルヘルスの問題については、シビアな見方をしますと、解決方法自体はあるのですが、必ずしも解決法が実行できるだけの余力がないという点です。つまり、労働環境の改善のために新しく人を雇い入れる余裕と、学校自体の運営資金を考えた場合、第3者に介入して問題を解決してもらえるかという問題があるわけです。よって、現状においては教員である方に対して重労働を強いる形になりがちで、教員という仕事から離れてしまう人が多いのだと結論付けます。

 

 

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

 

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

 

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

 

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

 

 

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

 

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

 

 

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽オンライン保健室

一次受付として、産業カウンセラーがカウンセリングさせて頂きます。従業員の方の状況に合わせてカウンセリングの継続のご案内、2次受付窓口のご案内をさせて頂きます。

 

▽ハラスメント相談窓口

従業員の方は有人対応、無人対応のいずれかより、ストレスの無い方法でご相談頂けます。有人対応/無人対応いずれの場合も、産業カウンセラーが事実確認を行なった後に、人事の方に情報をご共有致します。

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

人事責任者向け機能

 

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

 

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih