心理技術の間違った使い方を知っておく

 

ハラスメント対応として、職員の個人の信条や

プライベートに対して、必要以上に立ち入らないことが

重要なポイントになっています。

 

他方、さまざまな研修会などで「コミュニケーション技術」や

「職員組織」の作り方をご一緒に考える場面がありますが、

勘違いや、安易に教えられているものも少なくありません。

 

法人経営者でもあり、公認心理師、臨床心理士、

キャリアコンサルタントでもある筆者が

『心理技術の間違った使い方』についてお話します。

 

◆こちらの記事はこんな方にお勧めです

〇いろんなコミュニケーション技術を学んだがうまくいかない

〇研修会で勉強した心理技術が通用しない

〇実際に、心理技術の効果はあるのか知りたい

 

職員の様子が気になったら…

 

職員の性別に限らず、

「このごろちょっと様子が変だなあ・・・」

と感じることはありませんか。

 

心身の健康面の異常であれば、比較的気が付きやすいのですが、

どうもそういうわけではなく、

しきりに携帯電話を気にするとか

離席する回数がずいぶん多いとか

職場以外の背景で、何かあるのだろうな、

と感じるような場合もあるでしょう。

 

ちょっとしたタイミングを狙って

「仕事に集中できていますか?」

「何か仕事で支障がある事はありませんか」

と、直接的に聞くことも時々ありますが、すでにご存じの通り

「主語が『仕事』」

と言うことを、意識しておくことは必要です。

 

間違っても

「あなた、この頃仕事に身が入っていないんじゃない?」

「あなたは業務効率が下がっていますね」

というような言い方は避けておきましょう。

 

「YESセット」とは

 

気になる職員にかかわりをつける最初の方法は、

「YESセット」が有効でしょう。

 

相手との関係が難しくなる一番の原因は何だと思いますか?

『考え方の違い』とか『フィーリングの違い』

と言うところが大きいはずです。

 

考え方なんてみんな違って当たり前だ、と思うでしょうが

仮に、ご自身が何かに悩んでいるとして

気の合わない相手に話したり、

相談したりしようとするでしょうか。

 

普通は、少なくとも話しやすい人、信頼できる人、

に少しずつ話していくはずです。

 

「YESセット」はこうした下地をつくる方法で、

やり方は案外簡単です。

 

少なくとも、態度としてご機嫌を取ろうとしなくてよいです。

「ご機嫌取り」というものを嫌う人も少なくありませんから、

急に馴れ馴れしくすることと一緒にしないことも大切です。

いつもと変わらない態度でよいです。

ただ、話かける言葉の内容を変化させてください。

 

抑えるポイントは一つだけ。

「誰でも『そうですね』と言うだろうと思われる言葉がけ」

をしてください。

 

一番簡単な例えは「天気」です。

「良く晴れてるね」

「ずいぶん強い雨だね」

これは、ほとんどの人が同じように見えるものです。

もちろん天気の話ばかりですと、あまりに社交辞令過ぎる

ところもあるので、バリエーションは必要です。

 

「この頃のパソコンはなんだか更新が多くて重たいね」

「ペーパーレスが難しいものも結構あるね」

「この頃カード詐欺が増えてるみたいで、こわいね」

「新しい年になったねえ」

 

さて、このくらいは、ちょっとした本にも書いていますし、

コミュケーションの研修会などでも、

面白おかしく紹介されることです。

 

でも、実際にこれで関係改善された方はいますか?

 

「今日は、最高気温7℃だってね。寒いね~」

「はぁ、お日様がでてるんで、そんなに寒くはないです」

 

「今日の朝の歩道は凍りかけてて、転びそうだったよね」

「わたし北国出身なんで、大丈夫です」

 

「電車が止まっててこまったよね~」

「人身事故なんで仕方ないですよ」

 

これだとダメですね。

 

間違った「YESセット」

 

YESセットというのは、相手と自分のチャンネルを合わせ、

心理的距離を近くしていき、

そのあとにつづく関係性を作りやすくする方法です。

 

ただ、説明が簡単すぎて勘違いしている方も多い方法で、

例えば

「良く晴れてますね」

「はい、そうですね」

「今日のランチメニューはカレーだってね」

「はい、そうですね」

「結婚してくれませんか」

「はい、いいですよ」

みたいな解説が多すぎて、時々笑ってしまうことがあります。

 

海外のトップセールスマンが使う方法です!とか

著名な〇〇さんが言っています!という、むしろその部分の

コミュニケーション技術に吞まれてしまっている例です。

 

実際には、そんな簡単であるわけがなく、

1日2個くらいの「YESセット」の働きかけをしたとしても、

そのほかのところで嫌悪感を持たれたりすると、

ほとんど意味がありません。

 

それは、自分自身のことを考えても同様でしょう。

 

いくら相手から話しかけられて

「はい、そうですね」

と答えた回数が多くても、

どうも不潔感があって、近づいてほしくない、

というような場合は、関係性は話かけるごとに悪化します。

 

効果的な「YESセット」

 

さて、私の文章をお読みになって、気が付きましたか?

 

これらが、YESセットです。

 

読みながら、

「うんうん、あれはやっても効果がなかった」

「私個人に当てはめたって、あんなの無理だよ。そうそう」

と思ってお読みになった方がいたはずです。

 

そして、

「じゃあ、どうすればいいの?なんかいい方法があるんですね?」

と期待して「今」読んでいたはずです。

 

ここで「〇〇したらどうですか?」

というのが、YESセットです。

 

期待して読み進めていただいた方は、

「YESセット」成功ということです。

 

KIRIHARE所属 臨床心理士

 

KIRIHARE EAP(従業員支援プログラム)のご紹介

KIRIHARE EAPのストレスチェック機能について

KIRIHARE株式会社の創業思想である「心の健康を大切にできる社会」の実現を目的に開発した、企業様向けの新EAPサービス(従業員支援プログラム)のご紹介です。

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

KIRIHARE EAPの特徴

①従業員のメンタルヘルスを継続的に維持できるよう「メンタル不調の予防」と「メンタル不調の早期発見・介入・回復」に重点を置いたサービス設計

②LINEを活用した双方向型のコミュニケーションで、各従業員の状況に沿った「心のセルフケア方法」を提案すると同時に、社外で気軽に「悩み相談ができる場」を提供

 

KIRIHARE EAPの特徴

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽プレカウンセリング

社内にある保健室のような感覚で、いつでも気軽に利用できるカウンセリング機能です。従業員は、カウンセラー資格や相談援助の国家資格を持つ有資格者に、LINEでのチャット形式やZoomで悩み相談ができます。

▽LINEメールカウンセリング

プレカウンセリングでは解決できない場合などは、心理専門職の臨床心理士が対応します。チャットとは異なり、長文での相談が可能です。

 ▽Zoomや対面のカウンセリング

心理テストの受検結果やプレカウンセリング等で、メンタル不調の度合いや緊急性が高いと判断された場合は、心理専門職の臨床心理士によるZoomもしくは対面でのカウンセリングを提案します。

 

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

 

人事責任者向け機能

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

 

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

現在、弊社がリリースした新EAPサービスを3ヵ月間無料で体験いただけるキャンペーンを実施中です!「従業員のメンタルヘルス対策が必要だと思っていながらも、仕組みをゼロから考えるのは難しい・・・」「コロナ禍でテレワークが進み、従業員のメンタルヘルス状況が把握しづらい」等のお悩みを抱えている企業の人事担当者様必見の特別企画です!!沢山のご応募お待ちしております。

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih