ストレスチェックのコストとは?

ストレスチェックとコスト

企業向けのストレスチェックが義務化されていますが、実際に行おうとすると労働者に対して説明を行ったり実施者などを決めていくことが求められます。その時に考えたいのが様々なコストで、どうしてもストレスチェックを実施する時には多くかかってしまうことがあります。ストレスチェックで高ストレス者に認定されてしまうと、医師から面接指導などを受けてもらうことになります。定めている法令ではストレスチェックにおいては面接指導はセットとなるので、そこまでコストを考えていくことが基本となります。そして厚生労働省が作成しているストレスチェックに関するプログラムでは、スムーズに実施できるように内容を精査してマニュアルなどを提供しています。ただ57項目に渡る職業性ストレス簡易調査票や23項目の簡略版となっている調査票だけ設定されているので、独自のストレスチェックについては事業場が検討する必要があります。その際には人材なども必要で、業務内容だったり職場環境もチェックしながら質問項目を増やしていくことが求められます。そしてストレスチェックを労働者に対して実施していく時には、事業者が環境構築を行わなければなりません。それそれの事業場で準備していく中で、コストを減らすことを目的として外務の専門業者などに委託することもあります。ただ相場を正しく理解しておかないと、時には想定外のコストがかかってしまうことがあります。あらかじめストレスチェックの準備を初めて行く前に、しっかりと相場などを理解しておきましょう。

 

コストはどれくらいかかる?

相場を見ていく中でストレスチェックに関する業務を見ていくと、1人あたり月額300円から1,500円程度といわれています。そして高ストレス者に対する面接指導については、1時間程度で1万円から5万円程度となっています。企業向けの面接指導などを行っている医師も多数いるので、コストなどを吟味しながら判断していくようにしましょう。時には事業所の規模であったり、様々な職場環境を確認しながら調査票で質問内容を追加することがあります。そして職場環境をストレスチェックから改善していくために、集団分析を努力義務で実施する際のコストもかかっていきます。

特に企業向けのストレスチェックを実施していく時に、人件費がコストの大半を占めています。例えばストレスチェックを実施する際の真偽や調査票の作成、各種書類を作り際にも人力が必要です。そして高ストレス者が多く出るかどうかで、コストは大きく変わっていきます。人数により面接指導などを行う際のコストが変わるだけでなく、集団分析を実施するかどうかでも変わっていきます。状況から見て集団分析が緊急で必要になれば、自然とコストが増えていくことでしょう。一般的に高ストレス者はストレスチェックを受けた人の1割程度と考えられていますが、徐々に年々比率は上がっていると言われています。そこで医師による面接指導の重要性が高まっていて、この制度で必要なコストとして事前に見込んでおくといいでしょう。

企業がストレスチェックについて抱えるコストについて、どこまで負担していくかも検討が必要です。そもそもストレスチェックを実施していく上で、全て事業者が負担するように法令上では定められています。これは福利厚生として健康診断などと同じように取り扱われるためで、事業者の義務として捉えられています。福利厚生費として会計処理を行う際には計上していきながら、ストレスチェックを検討していくことになります。労働安全衛生法に準拠して制作されたストレスチェック制度実施マニュアルでは、医師の面接指導などで生じる賃金を事業者が支払っていくことが望ましいと記載しています。もし労働者が高ストレス者と判断されて、医師の面接指導などを受けたいと意思表示した時には事業者は対応しなければなりません。これは推奨しなかったり、拒否した時には労働者の権利侵害に該当するためです。きちんと面接指導について申し出を受けた時には、事業者は義務として必ず実施していくようにしましょう。

 

コストをかける訳

様々な実施に関するコストが生じますが、ストレスチェックを実施する時には労働者のメンタルヘルスケアに活用できる費用も必要です。そもそもストレスチェックというのは、労働者がメンタルヘルスにおいて不調になるのを未然に防ぐことも目的に入っています。そこで事前に研修などを行いながら、労働者に気づかせる機会を与えていくことも必要です。研修会やカウンセラーや相談者を常駐させるといった対応策は、円満な経営につなげるための先行投資といえるでしょう。これらもコストは全て事業者負担となっていきますが、これらは任意です。しかし将来高ストレス者を抱える企業となってしまうと、先々人材確保などで厳しい状況を作ってしまいます。健康診断と同じように、労働者のメンタルヘルスを測っていく上でストレスチェックは非常に重要です。コストを時には多くかけながら、ストレスチェックでは高ストレス者を出さない努力を日々続けていきましょう。

KIRIHAREのストレスチェックシステムについて

 

労働者が50名以上の場合、年に1回実施義務のあるストレスチェックですが、KIRIHARE EAPサービスが提供するシステムを使えば、無料で運用いただけます。 厚生労働省が推奨する「職業性ストレス簡易調査票(57項目)」を使用しているため、企業側で質問票をダウンロードする手間などいらず、手軽にストレスチェック計画を作成! その他、ストレスチェック実施支援(従業員へテスト実施を促す一斉プッシュ通知など)や、産業医面談日の設定・通知、面倒な事務作業や集計、集団分析の実施なども弊社が提供するシステム上で全て完結! ストレスチェックシステムは、永続無料でご利用いただけますので、気軽にお問い合わせください。 サービスの詳細は、以下URLよりご確認いただけます。

▽KIRIHARE EAP(ストレスチェックシステムについて)                                             https://kirihare.jp/stress_check_system/                                                            ▽資料請求                                                https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq                                               ▽新規登録(人事ご担当者様向け)                                                   https://kirihare.jp/ap/user/register                                                          ▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから                              https://meetings.hubspot.com/operation9/eap