ストレスチェック後の高ストレスに対する対応

従業員のストレスチェックについて2015年よりスタートしましたが、厚生労働省管理の中で各企業で実施されています。

 

ストレスチェック制度は企業にとって必須事項となっており、実施者や実施事務従事者を企業内で選んで実施しなければなりません。

ストレスチェックの実施者とは、ストレスチェックを企画し、結果の評価をする人のことです。ストレスチェックでは医師や保健師そなど厚生労働省が定める医療関連の知識がある人を、主に実施者として選ぶことができます。そのストレスチェックにおける実施者の役割は色々とあり、例えば実施した際に危険と判断した人に対して専門的なアドバイスを行わなければなりません。調査結果から専門的な立場になって、改善に向けての提案やアドバイスなどを行っていきます。

またストレスチェックの評価方法について調整をしたり、基準の確認も行います。高いストレスを抱えている人を選ぶための基準を定めていきながら、評価方法を決定していきます。その時に衛生委員会などの意見も把握しながら、アドバイスなどを行っていきます。労働環境も刻々と変わっていく中で、選定は的確に行わなければなりません。そして最終決定をする事業者に丁寧な説明をしながら、ストレスチェックの基準を決めていきます。

 

ストレスチェックを実施していく中で、医師が対応しなければならない従業員の数が少ない点も指摘されています。実際に数多くの従業員に対してストレスチェックを行っても、改善が必要と考えられる従業員の数が少ないことがあります。そのため依頼した医師がアドバイスを行うケースが少なくなることもありますが、従業員がアドバイスを受けながらもストレスを軽視して仕事を継続してしまうこともあります。また面接などを受けることに抵抗感を感じることもあり、医師に対する相談件数が減少することがあります。企業としてはストレスチェックで改善が必要な従業員に対して、きちんとアドバイスを医師から受けるように促していくことが重要です。

 

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

 

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

 

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

 

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

 

 

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

 

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

 

 

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽オンライン保健室

一次受付として、産業カウンセラーがカウンセリングさせて頂きます。従業員の方の状況に合わせてカウンセリングの継続のご案内、2次受付窓口のご案内をさせて頂きます。

 

▽ハラスメント相談窓口

従業員の方は有人対応、無人対応のいずれかより、ストレスの無い方法でご相談頂けます。有人対応/無人対応いずれの場合も、産業カウンセラーが事実確認を行なった後に、人事の方に情報をご共有致します。

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

人事責任者向け機能

 

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

 

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih