EAPってなに?外部委託を行う外部EAPについて解説

この記事ではメンタルヘルスの不調や職場環境の改善を行うためのツールとして

EAPを紹介します。

内部で行うものと外部で行うものがありますが、特に外部EAPについてまとめました。

 

EAPってなに?

EAPとはEmployee Assistance Programの略で、日本語では従業員支援プログラムと訳します。

メンタルヘルス不調時のサポートはもちろん、パフォーマンスを高めるためのキャリアデザインやワークライフバランスについての取り組みも行います。

 

このEAP。もともとはアルコール依存症の対策としてアメリカで生まれました。

1980年代に日本でもアルコール依存症の対策として導入され始めるようになりました。

 

さらに時は流れ、2000年に、事業所の労働者の心の健康づくりのための指針が施行されました。

 

この中にはメンタルヘルス対策推進のために4つのケアが重要とされています。

4つのケアとはセルフケア、ラインケア、事業場内産業保健スタッフなどによるケア、事業場外資源によるケアです。EAPはこの中の事業場外資源によるケアに該当し、注目されています。

ストレスはメンタルヘルスの不調につながり、からだの不調が起きたりパフォーマンスが落ちたりと連鎖していきます。

ストレスを抱えていることがわかったら、きちんとケアを行い、からだの不調が起きないように防ぐ必要があります。

そのためにこのEAPの導入が従業員ケアにもなります。

ではこのEAPはどんなサービスがあるのかみていきます。

EAPの内容は?

どんな内容のサービスがあるのか一例をご紹介します。

メンタルヘルスチェック

ケアをする前にまずは現状の把握をする必要があります。

厚労省が推奨するストレスチェックなどを用いてストレスの度合いや原因などを探ります。

 

カウンセリング

EAPではメンタルヘルスの不調者だけでなく、全ての従業員が対象となるカウンセリングを実施します。

対面の他、電話やメール、ビデオチャット等その人に合った方法で行うことが可能です。

相談内容はメンタルヘルスだけでなく、プライベートなことやキャリア形成など相談が可能です。

 

休職復職支援

休職中野方の復職支援や復職後の安定的な就業のためカウンセリングなど

 

専門家とのチャットや電話相談

EAPの専門機関は医師や臨床心理士(カウンセラー)、保健師、キャリアコンサルタントといった専門家と連携しているケースが多く、医療機関への受診から職場復帰、復帰後のフォローアップも含めた総合的な支援・対応が期待できます。個々の状態に応じた職場復帰プログラムを備えている専門機関もあります。

 

ハラスメント対策

育児子育て、介護の両立支援

治療と仕事の両立

各専用窓口の設置

 

啓発のためのセミナーやコーチング

職場におけるメンタルヘルス対策には、管理職と従業員全員への啓発が欠かせません。研修やセミナーを実施し、メンタルヘルスへの理解を深めます。さらに人事担当者や上長を対象に、コーチングやコンサルティングの知識を深めラインケアを促進するための研修・セミナーを行うこともあります。

EAP導入時のポイント

セキュリティ対策はどうか

オンライン面談のところも多いですがそのセキュリティが大丈夫か確認しましょう。

幅広い相談ができるか

メンタルヘルスだけでなくいろいろな相談ができ、不調など何かあったとき医療機関や、専門のスタッフに繋がるようなネットワークを持っているか確認しましょう

相談方法に幅はあるか

対面だけでなくオンラインの対応ができるか確認しましょう。

オンラインができることで気軽さが格段にあがります。

カウンセラーの人数

カウンセラーといえど合う合わないはあると思います。

希望にあった人がいるか、合わなかった場合はどうなるか確認しましょう

費用対効果はどうか

1人当たりの年間平均相場は1,000~2,000円といわれています

値段の安さだけでなくEAP導入時に定めた目的とマッチングしているかも大切です。

情報共有ができるか

人事等担当者としっかりと連携がとれるか確認しましょう

元気な人には邪魔にならないサービスであるか

利用する必要がない人も多くいるため、その場合邪魔にならないかどうか確認しましょう

 

EPがもたらすメリット

外部の機関が実施するため他の社員に知られることなく相談が可能です。

また内容によって専門医への取り次ぎなどフォローの体制が整っています。

職場からするとストレスチェックや組織の生産性などいろいろな調査をすることで現状の問題点や課題がでてきます。

問題の火種が大きくならないうちに解決に進めますし、職場環境を改善することで生産性も向上し、離職率も減ります。

 

デメリット

外部の機関であるため社内での把握が難しいです。報告と連携にずれがでる場合もあります。

また外部の施設を使用するため、場合によっては通えない人がでてくる場合もあります。

 

まとめ

EAPとはなにかをまとめました。

  • EAPとは従業員支援プログラムのこと
  • EAPは仕事においてのメンタルヘルスに対する対応だけでなくプライベートなことや職場環境についてなど幅広いサービスがある
  • 外部のため他の従業員に知られることなく相談が可能だがその分社内で状況が把握できない。

 

悩んでいるときやストレスを抱えているとき、第三者に話、外に思いを吐き出すことで考えが整理され、気持ちもスッキリすることもあります。

また職場内の環境についても第三者にみてもらうことで現状の把握を客観的にすることができ、今までにない気付きができます。

うまく活用していきましょう

 

 

 

 

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

 

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

 

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

 

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

 

 

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

 

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

 

 

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽オンライン保健室

一次受付として、産業カウンセラーがカウンセリングさせて頂きます。従業員の方の状況に合わせてカウンセリングの継続のご案内、2次受付窓口のご案内をさせて頂きます。

 

▽ハラスメント相談窓口

従業員の方は有人対応、無人対応のいずれかより、ストレスの無い方法でご相談頂けます。有人対応/無人対応いずれの場合も、産業カウンセラーが事実確認を行なった後に、人事の方に情報をご共有致します。

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

人事責任者向け機能

 

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

 

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih