澤田ちさこさんは産業カウンセラーとしてカウンセリング行い、やがて臨床心理士を取得しました。今でも「何かできることを何でもやってあげたいなっていう気持ち」を大切にしながら、自らのカウンセリングと向き合っています。現在は来談者中心療法をはじめとして、身体に意識を向け「今ここ」を大切にしたカウンセリングを行っています。どのようなカウンセリングを行っているのか、どのような人なのかがわかるように実際にお聞きした話をもとにご紹介します。

 

 

一般企業の労務から臨床心理士へ

澤田さんは社会人生活を一般企業の労務としてスタートさせました。現在は臨床心理士として、カウンセリングルームの経営を行っています。まったく業務内容の違う労務とカウンセリング。一体どのような経緯を経てこの道にたどりついたのでしょうか。

 

もともとカウンセリングに興味を持ったのは高校生時代。カウンセラーになることができる大学に進もうとしましたが、父親に反対されました。この時はそれでカウンセラーへの道が閉ざされてしまったといいます。やがて月日がたち就職することになりました。

 

以前の職場は訪問看護を行う事業所でした。そこで、労務の仕事を行いながら看護師さん達のちょっとした悩みなどを聞いていたといいます。その時の経験から得たことを「ちょっと客観的な立場で話を聞いてあげる存在っていうのはやっぱりすごく必要なんだなっていうふうに思いました」と語ります。

 

その経験をもとに産業カウンセラーの資格を取得し、ハローワークや大学のキャリアセンターでこれから働く人のカウンセリングをやるようになります。次第にクライアントさんの悩みの背景には、やはり心の問題があって、精神的なサポートが必要ということを発見します。そのような発見から大学院に入り直し臨床心理士の資格を取ります。

 

最初は病院で心理療法を担当して、その後大学の学生相談やスクールカウンセラーなどを行ってきました。経験を積まれた現在は自らカウンセリングルームをオープンしてカウンセリングを行っています。

 

「感覚」を大切にしたカウンセリング

カウンセリングルームを開設してからは、主に30代から50代の女性を中心にカウンセリングを担当してきました。ヨガインストラクターとして活動もされている澤田さんは「感覚」を大切にしたセラピーを行っています。澤田さんは自らのカウンセリングを「ご自分の感覚、身体の感覚もそうですし、心でどんなことを感じてるのかなって、今何を感じているのかなっていうことを、ご自分の感覚を確かめながらやるやり方でやっています」と振り返っています。

 

自らの感覚に耳を傾けることで「今ここ」で起きていることに集中できるようになるといいます。

 

 

自分の良さと自分らしさに気が付いてもらいたい

力を失っていたり、周りとうまく歯車が合わなかったり、時には漠然とした「モヤモヤ」を抱えているけれどもそれが言葉にならなかったり。カウンセリングに訪れる人は本当にいろいろな人がいます。来談した人がカウンセリングを通じて新たな発見をしていくことに喜びを感じていると言います。

 

澤田さんは「自分で自分の良さや自分らしさに気がついていただくということが、すごく嬉しいですね」とカウンセリングを行うやりがいを語っています。

 

 

感覚と併せて「来談者中心療法」もカウンセリングの要

これまで紹介したように、感覚を中心としたカウンセリングを行っていますが、来談者中心療法と呼ばれるカウンセリングも行っています。来談者中心療法とは「自己実現傾向」と呼ばれる「より成長したい、自立したい、自分らしく生きたい」という人間が本来持っている力を発揮させていくことを中心にカウンセリングをすすめます。

 

澤田さんは自らのカウンセリングを「自然治癒力というか、自分で本当に成長しようってする力って、誰にでもあると思っていて、その力を大切にするっていう考え方が基本になっています」と振り返ります。

 

 

今悩んでいる方へのメッセージ

最後に澤田さんから今悩んでいる方へのメッセージです。

「どなたもご自分がもっとを自分らしく生きられる力を、皆さん持っていると思っています。私はその力を引き出すお手伝いをさせていただいています。私が目指しているのはカウンセリングに来られた方、一人ひとりがもっと自由に、自分らしく生きていただけるようになることです。カウンセリングに依存させたりとか、カウンセラーの言いなりにするとか、そういうことは全く考えていません。あくまでも、もっともっとご自分らしく、本当に自由に、私が私で良かったっていうふうに思えるように、カウンセリングをさせていただいております。もしご興味がありましたら、是非一度お話できると嬉しいです。」

 

澤田さんのカウンセリングを受けたい方は、こちらからLINEアカウント似てカウンセリングを予約することができます!

このアカウントでは無料相談も行っております。

KIRIHARE公式LINEアカウント