EAP社員支援プログラムを導入するならキリハレ|オンラインでメンタルヘルスケア
オンラインカウンセリングの受付電話はフリーダイヤルです

0120-659-646(受付時間 平日9:00~18:00)

KIRIHARE EAP

EAP導入ならKARIHARE
職場のメンタルヘルスケアを
LINEで簡単にサポートする
従業員支援(EAP)プログラム
が1ヶ月無料!
「労働安全衛生法」に準拠した
ストレスチェックは永続無料でご利用可能です。

従業員のメンタルを守ります、ラインで気軽に、社内のメンタルヘルスを把握。厚生労働省のストレスチェックに対応
無料新規アカウント登録
EAP導入の資料請求・お問合せ

KIRIHARE EAP(社員支援プログラム)とは

KIRIHARE EAP(社員支援プログラム)の特徴

KIRIHATEストレスチェックサービスのロゴ

ストレスを感じ始めたところから、身体や精神に症状が現れるまでには時間がかかります。この間のメンタルケアはとても大切ですが、既存のEAP/社員支援プログラムサービスでは、「症状が現れた後に、従業員が相談する」というフローしかありませんでした。
KIRIHAREでEAPを導入すると心理テストやLINEでの双方向コミニケーションを活用し、不調者だけでなく「心の不調予備軍」にまでアプローチし、状態が悪化する前に従業員のメンタルヘルスを改善します。

社内の「メンタルヘルスケア対策」
順調ですか?

従業員のメンタル不調をほっておくとこんなコストがかかります。
KIRIHARE EAPならこんなコスト負担を未然に防ぐことができます。

休職コスト

約1500万円/年

新規採用コスト

約500万円/年

その他にも

訴訟リスク・イメージダウン

職場環境の改善や職場内コミュニケーションの充実も大切ですが、
メンタルヘルスケア対策は、 ひとりひとりの状況に合わせた対応が必要です。
KIRIHATE EAPを導入することでこのリスクやコストが軽減します。

人事総務の困った、負担を大幅に軽減するイメージ

個人へのアプローチはとても大変

心の不調は仕事の悩みだけではなく、プライベートの悩みと複合して発生する場合が多くあります。不調の早期発見が大事ですが、上司と部下や人事の間だけでこの問題を解決するのは困難です。

KIRIHARE EPA(社員支援プログラム) の導入で解決できます!

  • メンタル不調者の早期発見・回復
  • ハラスメント問題に配慮しながら個々に適したメンタルヘルスケアの提案
  • 社員が自らメンタル不調に気づき、訴えることができる環境づくり
  • 社内で打ち明けにくいプライベートな内容も安心して相談

大事なのは早期からのメンタルケア

KIRIHARE EAP(社員支援プログラム)では、従業員の個々の状況に合わせた4つのメンタルヘルス対策サービスを提供し「早期対策」を実現します。

健康で仕事をするイメージ

①予防

  • メンタルヘルスに特化したコンテンツ展開
    (コラム/ヨガ/自律訓練etc)
  • 認知心理学に基づいた
    感情把握アプリケーション
早期発見のイメージ

②発見

  • ストレスチェック(57項目)
  • 専門性に優れた心理テスト
  • ・うつ病チェック
    ・ストレス(PSS 4)
    ・家族関係
カウンセリングのイメージ

③早期介入

  • カウンセリングの定期提案
  • LINEを活用したアセスメント
SUPPORT

④早期回復

  • オンラインカウンセリング
  • 対面カウンセリング

KIRIHARE EAP(社員支援プログラム)
が選ばれる4つの理由

KIRIHARE EAP(社員支援プログラム)では一方的に心理テストなどのサービスを提供するのではなく
「負荷なく使ってもらう仕組み」にこだわっています。

Point1

双方向
コミュニケーション

LINEのプラットフォームを利用することによって、カウンセリングの事前相談を行うことができます。ひとりひとりに合わせたカウンセリングで早期回復を実現させることができます。

Point2

継続したくなる
仕組み

ストレスチェックは、定期的な診断によってストレスの推移を検討することで、早期対応を可能にします。定期的な診断を促すため、ストレスチェックの質問は4つに厳選しています。

Point3

心理安全性の配慮

LINEを利用することで、普段のコミュニケーションの延長で、気軽にオンラインカウンセリングを受けられます。また、個人のLINEアカウントの使用で匿名性が守られるため、社員の方に安心しご利用をいただけます。

Point4

ワンストップ
でのサービス提供

同じLINEプラットフォーム上にセルフケアコンテンツとカウンセリング機能を備えています。従業員の日頃のメンタルヘルス状況をカウンセリング時に利用することで、メンタル不調の回復を早めることができます。

KIRIHARE EAP(社員支援プログラム)ご利用までの流れ

KIRIHARE EAP導入までの流れをご説明いたします。
KIRIHARE EAP(社員支援プログラム)ではLINEでの双方向コミニケーションや
ダッシュボード機能を活用し、不調者だけでなく「心の不調予備軍」にまでアプローチし、
状態が悪化する前に従業員のメンタルヘルスを改善します。

従業員の方の場合

  • STEP.01ご登録
    LINE上でKIRIHARE公式アカウント
    を「友達」に追加します。
  • STEP.02ストレスチェック
    4つの質問項目からなるショート
    バージョン、労働安全衛生法の
    ストレスチェックに対応した
    ロングバージョンがあります。
  • STEP.03セルフケア
    マインドフルネスの記事や自律訓練の動画など、様々なヘルスケアコンテンツをLINE上で閲覧可能です
  • STEP.04カウンセリング申込み
    弊社の専門家がカウンセリングの
    内容をヒアリングさせていただき、
    適したカウンセラーを
    ご案内致します。

人事責任者の方の場合

  • STEP.01ご登録
    従業員マスタを取り込みます。
  • STEP.02従業員を招待
    従業員のメールアドレスに
    KIRIHARE公式アカウントの
    追加依頼を送ります。
  • STEP.03カウンセリング管理
    人事責任者様の管理画面より、
    カウンセリングの状況が
    すぐに把握できます。
  • STEP.04レポート作成
    高ストレス者、カウンセリング申込
    状況などをワンクリックで簡単に
    レポートにできます。

心理テスト機能

LINE
  • 公式LINEを友達追加して頂くだけで、定期的にPUSH配信が届きます。
  • ストレスチェックを「作業」と思わせない簡単な仕組みで提供します。
  • 認知行動療法に基づいたセルフメンタルケアアプリケーションがご利用可能です。
  • 従業員はいつでも結果の確認が可能です。

LINEセルフケアコンテンツ

LINE

メンタルヘルスケアのためのセルフケア
コンテンツを定期的に配信しています。

    ① マインドフルネス
  • マインドフルネスのセルフケアを
    実践するコラムのPush配信
    ② 定期オンライン講座
  • 心の体調を整えるため、講師による
    オンライン(Zoom)でのセッション
    ③一行日記
  • 認知心理学に基づいた
    感情把握アプリケーション

カウンセリング

「LINE相談」によって解決できない問題は案件化し、
より専門性の高い臨床心理が対応致します。

ご利用可能者を部署等で制限可能です。
以下のような対応フローになります。

    ・家庭のお悩みの場合
  • 臨床心理士が対応致します。
    ・お仕事でのお悩みの場合
  • 相談者は臨床心理士、
    会社側は産業カウンセラーが対応致します。

※カウンセリングはオンラインでも
 オフライン(提携カウンセリングオフィス)でも可能です。

人事責任者向け ストレスチェック機能

ADMIN
    ① 高ストレス者
  • ストレスチェックで高ストレスと判定された
    従業員の総計が表示
    ② カウンセリング
  • 進捗状況やカウンセリング相談を開始した
    従業員の総計が表示
    ③ ハラスメント
  • ハラスメント相談を開始した従業員の総計が表示
    ④ メンタル不調者
  • メンタル不調者の従業員の総計が表示

人事責任者向け レポート作成機能

ADMIN
  • ダッシュボード項目をグラフで表示し、
    報告用のレポートを作成することができます。

さらに、初回導入時に必要となる社員マスタ取込や、
システムの利用方法などをサポート致します。

ハラスメント相談窓口

ADMIN
    ハラスメント窓口
  • LINEからハラスメントのご相談が可能です。チャットによる有人対応、Botによる無人対応から、ストレスが掛からない方法を選択できます。
  • お問い合わせ後、弊社スタッフが詳細な事実確認を行います。ご相談者の方がご希望された場合は人事責任者の方にシステム上で内容をご共有させていただきます。

KIRIHARE EAP(社員支援プログラム)機能詳細

心理テスト

専門性の高い心理テストを定期的に受検することで、自身のメンタルヘルス状況を自覚でき、早期発見・回復を可能にします。継続的に受検してもらえるようプッシュ通知などで、社員に受検を促します。

セルフケアコンテンツ

心理テストの結果をもとに、個々のメンタルヘルスの状況に応じて、セルフケアコンテンツ(コラム、自律訓練動画、ヨガなどのオンライン配信など)の利用促進をいたします。

プレカウンセリング

社内にある保健室のような感覚で、LINEやZoomで社員が気軽に悩み相談を行えます。相談内容をヒアリングする中で、臨床心理士や産業医などの面接が必要と判断した場合は、その方にあった適切な場をご提案します。

カウンセリング

プレカウンセリングで解決できない問題は、心理専門職の臨床心理士が実施するLINEメールカウンセリングやZoomカウンセリング、状況によっては社内の産業医など、ひとりひとりの状況に合わせて、適切なカウンセラーや相談の場を提供します。

ハラスメント相談窓口

社外に専用のハラスメント窓口を設置することで、社内では伝えにくい内容も社員が安心して相談できるシステムです。

EAPの導入なら KIRIHARE EAP(社員支援プログラム)for Business

TEL 0120-659-646

(受付時間 平日9:00~18:00)

EAP導入の資料請求(無料)はこちら