「悩みがあるけど、少しでも気持ちを楽にして日々を穏やかに過ごしたい。」と感じている方にお会いすることがあります。そのような方のお話を丁寧にお聞きしながら、悩みに対する解決方法を一緒に考え、安心して日々を過ごすためのサポートをさせていただきたいと思います。 カウンセリングでは、その後また悩みが生じた時でもご自身で対処できるスキルを身につけていくことも目指していきます。 具体的な解決方法を見つけるためには、考え方や行動を変えていく認知行動療法が効果的であると感じていますが、幼少期の傷つき体験を抱えている方には、心の深い部分の傷つきや、ずっと抱えてきた生きづらさに働きかけるスキーマ療法を取り入れたカウンセリングも行っています。また、心や身体をケアし、癒しの時間を持ちたい方は、マインドルフネスのワークに一緒に取り組んでいただくこともできます。 ご相談される方のご希望をお聞きしながら、より良い方法をご提案していきたいと思います。



インタビュー動画

専門分野

ストレスやうつ・不安に対する認知行動療法を用いたアプローチを専門としています。
その他、人間関係、生きづらさ、怒りのコントロール、子どもの発達障害・不登校・問題行動、家族の認知症やもの忘れなどの悩みについてのカウンセリングを中心に行ってきました。
カウンセリングルーム、小学校・大学の相談室、大学病院での勤務経験があり、子どもから成人、高齢者まで幅広い年代の方の悩みについてお聞きすることができます。

カウンセリング手法

認知行動療法/スキーマ療法/マインドフルネス

取得資格

臨床心理士 公認心理師

経歴

臨床心理士になる前は、製薬会社の営業として働いていました。
資格取得後は、カウンセリングルーム、小学校・大学の相談室、大学病院で臨床経験を積んできました。
カウンセリングルームでは、主に成人の方に対してうつ病・不安障害、怒りのコントロール、生きづらさ、家族や職場などの人間関係についてのカウンセリングを行ってきました。
小学校ではスクールカウンセラーとして、子どもや保護者の方に対して不登校・問題行動・発達障害に関する内容、大学の学生相談では、大学生に対して友人とのコミュニケーション、恋愛、学業、将来の進路などの内容についてカウンセリングを行ってきました。
大学病院では脳神経内科で、認知症研究の一貫として高齢者のお家を訪問し、健康状態の確認や心理検査を行ったり、もの忘れの悩みをお聞きしたりしてきました。

経歴紹介

こんにちは、カウンセラーの南亜衣です。
「悩みがあるけど、少しでも気持ちを楽にして日々を穏やかに過ごしたい。
」と感じている方にお会いすることがあります。
そのような方のお話を丁寧にお聞きしながら、悩みに対する解決方法を一緒に考え、安心して日々を過ごすためのサポートをさせていただきたいと思います。
カウンセリングでは、その後また悩みが生じた時でもご自身で対処できるスキルを身につけていくことも目指していきます。
具体的な解決方法を見つけるためには、考え方や行動を変えていく認知行動療法が効果的であると感じていますが、幼少期の傷つき体験を抱えている方には、心の深い部分の傷つきや、ずっと抱えてきた生きづらさに働きかけるスキーマ療法を取り入れたカウンセリングも行っています。
また、心や身体をケアし、癒しの時間を持ちたい方は、マインドルフネスのワークに一緒に取り組んでいただくこともできます。
ご相談される方のご希望をお聞きしながら、より良い方法をご提案していきたいと思います。