心理カウンセリング とは何!?必要な資格や仕事内容の詳細

ストレスフルな現代社会。心理学やカウンセリングに興味関心をもつ人は多いようです。

カウンセリングをするには資格が必要なのでしょうか。
どこで働けるのでしょうか。

あなたの「カウンセリングとは?」に関する疑問を、ここで一掃しましょう。

 

  • カウンセラーとは

心理カウンセリングをする人は「カウンセラー」と呼ばれます。
まず知っておきたいのは「心理カウンセラー」という職業があるわけではない、ということです。心理カウンセリングを行っている人たちを、まとめて「カウンセラー」と呼んでいます。それがボランティアであろうが非常勤であろうが、雇用形態にはほぼかかわらず、仕事としてカウンセリングをしていれば「カウンセラー」と呼ばれるのです。

カウンセラーとして相談者の話を聞き、対話を通じて心の負担を軽減し、悩みを解決していけるようにアドバイス、サポートするのが「心理カウンセリング」です。人の話を聞くだけであれば誰にでもできることですが、カウンセリングを望む相談者は過度なストレスを抱えている場合も多く、一人ひとりその心理状態も異なります。

そのため心理カウンセラーには、個人の相談内容や個性に合わせて、ケースバイケースで相談にのる高度なスキルが必要です。

相談者の立場を理解して、言葉を慎重に選びつつアドバイスを送るとともに、時にはストレスを和らげるよう配慮しながら前向きな言葉もかけ、優しく励まします。

友達同士の相談とは異なり、カウンセリングには高度なスキルが求められるのです。

 

  • カウンセラーはどこで働くの?

カウンセラーの職場には、次のような場所があげられます。

・病院
・企業
・福祉施設
・学校
・その他官公庁(地方公務員)

心理カウンセラーの多くは、教育や医療の現場で働いています。経験を積めば、独立することも可能です。

 

  • カウンセラーとして働くには資格が必要?

心理カウンセラーとしてどの現場で働くかによっても、必要とされる資格は異なります。

例えば労働者の悩みに寄り添う心理カウンセラーとして企業に勤めるなら、「産業カウンセラー」という資格の取得が近道です。産業カウンセラーの資格を有していれば、企業の人事部や職業安定所で働きたいとき、最大のアピールポイントになります。ただし、残念ながら産業カウンセラーの需要はさほど多くありません。

どちらかというと、ほかの資格と併用またはプラスアルファ、あるいは自己実現のひとつとして取得するのがおすすめです。

 

・公認心理師

国家資格です。これをもっていることで、心理カウンセリングの高いスキルを十分にアピールできるでしょう。

カウンセラーとしても活躍できる現場は幅広く、企業、学校、病院、福祉施設や警察など、様々な場でのニーズがあります。

心理系の仕事に就く際、大変有利な資格といえます。

 

  • カウンセリングについてのまとめ

心理カウンセラーの資格には、就職にかなり有利にはたらくものや、補助的なものがあります。中にはせっかく所持していても、必ずしも心理カウンセラーの職に結びつくとは限らない資格もあります。

資格取得の際には、自分がどこで働きたいのかをよく考慮した上で選びましょう。