転職に際しての考え方

転職で悩む方は多いと思います。

転職を考えるという事は、現状の仕事や職場に何か問題や不満を感じていたり、さらに高みを目指していたりするのでしょう。仕事を変えることを「転職」という言葉で考えずに「転身」という風に考えれみるのはどうでしょうか。古き日本の終身雇用の考え方で、一つの会社に勤めて一生を終えるのが一番というのがあります。人間の顔がすべて違うように、人生観や職業観も誓うのが当たり前です。そう考えれば、そのような古き日本の固定概念に縛られる必要もないでしょう。

本来、人間が仕事をする目的は何でしょうか?

まずは「生活をするためにお金を得ること」です。問題は「どのような仕事をして金を稼ぐのか?」が重要です。「どのような仕事」と考える際には「あなたが好きな仕事」「あなたが関心のある仕事」「あなたの能力を発揮できる仕事」というように、全ての主語は「あなた」なのです。

要は主体的に考えるべきだという事です。サラリーマン根性がしみつくと、会社と個人の人格が同一化されがちですが、あなた自身の人生ですから、あなたが主体的に職業や仕事や会社を選ぶべきです。バイタリティーをお持ちならば、起業されるのも大いにありだと思います。ぜひ、前向きにポジティブに転職をとらえて、楽しんでいただきたいものです。

とはいえ、個々の事情で現状またはそれ以上の給料を確保しないといけない方が大多数だと思います。私も経験がありますが、一握りの方を除いては、今までの収入を保証いただけるような転職は至難の業です。しかし、これは転職した時点の話なのです。会社に就職されるのならば、最初は少し収入が落ちても、どのくらいの成果を上げれば収入が上がるのかなどをよく聞いて考えるのがよいと思います。

また、サラリーマンの場合は税金のことをよく考えてください。年収が落ちても、手取り金額が年収ベースの割合まで落ちないことは多々あります。また、転職を機に、家計を見直して無駄を省いたり、断捨離で不要な趣味などを切り離すことで、収入そのものが少し減っても、生活水準自体は何ら変わらないという事もよく聞きます。

転職というのは、単に仕事や会社を変えるということではなく、あなたの生き方を見直しいい機会かもしれません。とにかく「人生設計」「どのような仕事をして充実した人生を歩むのか」を前向きに真剣に考えて、意義のある転職活動をされることをおすすめします。