「飲ミニケーション」以降のコミュニケーション

 

『飲ミニケーション』なんていう言葉は

すっかり息をひそめているところです。

 

確かに『行きたくもない飲み会に、

仕事で疲れた後に連れまわされて・・・』とか

『ついていったら説教されて帰ってきた・・・』とか

今でしたら、新型コロナのこともありますから、

連れ立って飲みに行くという機会も

すっかりなくなってしまったかもしれません。

 

私個人は、お酒が好きなほうですから、

各地の地酒なんかをよく飲みますし、

ワインや焼酎もよく飲みますし、お酒を介しての

コミュニケーションにも良さがあるのでは、

と感じているほうでもあります。

 

それほど銘柄とか、楽しみ方に詳しいわけではありませんから、

お店のおすすめみたいなものを家に買い置きしてあって、

職員のちょっとしたお祝いの時には、あげたりしています。

 

この頃は、「お酒はちょっと飲まないんです」

という職員も少なくないので、あらかじめ

「ご自宅でお酒は飲まれます??」

と聞いて、どの職員にあげたら喜ばれそうかは把握しています。

 

この頃、お酒に代わって職員に喜ばれているのは

 

『珈琲』です。

 

それも、ただの市販の珈琲ではなく

私自身が、焙煎所の方に相談して、

試行錯誤してできたオリジナルのブレンドコーヒーを

更にイラストレーターの方にオリジナルで

デザインしてもらったパッケージに入れた

ドリップバッグです。

 

お値段、一つ150円

 

デザインなどは、ちょっとかかりましたが、

ドリップバッグを自作して作っている焙煎所の方に

ある程度数をまとめて注文すると、喜んで作ってもらえます。

 

わたしの場合は、40個単位ですから、

1回依頼すると6000円。

自分でも飲みますが、ほぼ職員にあげるために作成しています。

来客などにも名詞と一緒に渡すと喜ばれるので

2週間ほどでなくなる感じでしょうか。

へんな販促品に数百円かけるより、ずっと効果的です。

 

もちろん、先ほどのお酒に限らず、

珈琲が苦手な人、というのもいるものです。

 

でも、この珈琲は、何を目的にブレンドしたかといいますと

『珈琲が苦手な人、珈琲にお砂糖やミルクを

たっぷり入れて飲んでしまう人に、

ブラックでコーヒーが飲めるようにするためのブレンド』

なのです。

こういわれただけで、飲んでみたくなりませんか?

 

ですから

「わたしちょっと珈琲が苦手で・・・」とか

「お砂糖とかミルク入れて飲んでます」という方には

「これ、ちょっと特別に作ったブレンドだから、

試しにブラックで飲んでみて!」

とあげることもでき、

さらに、それで飲めたら、職員も喜びますし

健康的でもあります。

 

気に入った職員は

「これって、どこで買えるんですか?」

と職員から話しかけてくる機会にもなり、

「いやいや、これはオリジナルだから売っていないんだけど、

また気づいたら差し上げますよ」という

職場内での新しい「飲みニケーション」になっています。

 

ある職員は、

「うちの会社で飲んでいる珈琲がおいしいから、

他県にいる子どもに送りたい」

とのことで、焙煎所の方に紹介しました。

 

珈琲でも、紅茶でも、緑茶でも、何でもいいですが、

管理職が自分なりのツールを持っていますと、

「飲ミニケーション」不足を理由にする必要はなさそうです。

 

※特殊なブレンドでも飲めないくらい

珈琲が苦手な方も時々いますが、その方には、

紅茶か緑茶を差し上げるようにしています。

それはそれで「自分のことを配慮してくれている」

ということが伝わるようで、喜ばれます。

 

 

KIRIHARE EAP(従業員支援プログラム)のご紹介

KIRIHARE EAPのストレスチェック機能について

KIRIHARE株式会社の創業思想である「心の健康を大切にできる社会」の実現を目的に開発した、企業様向けの新EAPサービス(従業員支援プログラム)のご紹介です。

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

KIRIHARE EAPの特徴

①従業員のメンタルヘルスを継続的に維持できるよう「メンタル不調の予防」と「メンタル不調の早期発見・介入・回復」に重点を置いたサービス設計

②LINEを活用した双方向型のコミュニケーションで、各従業員の状況に沿った「心のセルフケア方法」を提案すると同時に、社外で気軽に「悩み相談ができる場」を提供

 

KIRIHARE EAPの特徴

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽プレカウンセリング

社内にある保健室のような感覚で、いつでも気軽に利用できるカウンセリング機能です。従業員は、カウンセラー資格や相談援助の国家資格を持つ有資格者に、LINEでのチャット形式やZoomで悩み相談ができます。

▽LINEメールカウンセリング

プレカウンセリングでは解決できない場合などは、心理専門職の臨床心理士が対応します。チャットとは異なり、長文での相談が可能です。

 ▽Zoomや対面のカウンセリング

心理テストの受検結果やプレカウンセリング等で、メンタル不調の度合いや緊急性が高いと判断された場合は、心理専門職の臨床心理士によるZoomもしくは対面でのカウンセリングを提案します。

 

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

 

人事責任者向け機能

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

 

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

現在、弊社がリリースした新EAPサービスを3ヵ月間無料で体験いただけるキャンペーンを実施中です!「従業員のメンタルヘルス対策が必要だと思っていながらも、仕組みをゼロから考えるのは難しい・・・」「コロナ禍でテレワークが進み、従業員のメンタルヘルス状況が把握しづらい」等のお悩みを抱えている企業の人事担当者様必見の特別企画です!!沢山のご応募お待ちしております。

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih