ちょっと簡単に従業員の意識を高めたいとき

 

管理職の方のひとつの悩みとして、

『職員の個性』は大切だと感じつつ、会社として、

または部や課、グループとしてのまとまりは必要なのでは

ないかと考えることがあるのではないでしょうか。

 

わたしのかかわる保育の現場の職員でも、区分的な意識として

『3歳以上児クラスの担当の保育者』

『3歳未満時の担当のクラスの保育者』

という意識があったりするものです。

 

これは、管理者側が『業務分担』を設定する中で、

必然的に発生してしまうグループ化かもしれませんが、

基本的に好ましいとは思っていません。

 

一般の会社さんですと、課と課、グループとグループでの

切磋琢磨的なところがあるかもしれませんが、

少なくとも会社として考えたときには、同一社内に敵とか、

対立軸みたいなものを意識することは

あまり良いとは感じません。

 

わたしたちが提供するサービスや商品は、

あくまでもユーザーや消費者の方の利益につながるもので、

それを一緒に作り上げていくことが

前提だと考えられるからです。

 

従業員の方たちの意識や、方向性を合致させるために、

よくそれぞれの会社で『社訓』であったり、

「クレド」というものを作成しているところも

少なくないと思います。

 

会社さんによっては、朝礼でみんなで

唱和したりする場合もありますね。

ただ、作ってあるものの、特に意識させていない会社さんも、

実際には多いと思います。

また、もともと統一感がとれていないところに、

唱和しなさい、といったところでうんざりさせて

しまうこともないとは言えません。

 

現在のようにリモートワークなどになってくると

なおさらでしょう。

個人的に、こうした「従業員」の意識を同じ方向にむける

というか、そこまでがっちりしたものではないのですが、

職員がみんなで同じ方向をむこう、

ということにちょっと役立った方法がありました。

 

皆さんの会社では「販促品」というものを活用されていますか。

ハンドタオルのようなものであったり、クリアファイルとか、

コップとか、うちわとか、様々な販促品があります。

おおよそ「販売促進」という目的ですから、

会社のロゴを入れたり、連絡先を入れたりして

作られていると思います。

それを、従業員向けにデザインして、小ロットで作成してみる、

というのが結構楽しいものでした。

 

皆さんの会社では、「お疲れ様」といって、

ちょっと缶コーヒーをあげたり、

飴をあげたりする習慣はありますか?

様子をみていて、今日はずいぶん修羅場だったな、

と感じる従業員の方に

「よくがんばったね」

という言葉をかけることはもちろん必要ですが、その時に

「せっかく頑張ったから、これあげるよ」

と言って、ボールペンとか、消しゴムとか、

なんていうことのない販促品に、会社の名前や、

ちょっとした社員の方へのメッセージを入れたものを

いくつか作成しておいて、渡すのです。

 

「え、これなんですか?」

という反応はもちろんですが、けっこう、大事にされて、

机の引き出しにしまったりする方も少なくありません。

「集団の凝集性」という言葉が心理学ではあるのですが、

こうした人のまとまりをつくる方法はいくつかあります。

そのなかでシンプルな方法の一つは、

『関心を寄せる』ことです。

 

「お疲れ様、よくがんばったね」

という言葉と一緒に、なにか渡されることで、

その「モノ」には、『意味』がくっついてきますので、

それを時々見ると、その時の場面が思い浮かぶわけですね。

 

わたしたち人間は、良くも悪くも「忘れる」生き物ですので、

そういうちょっとした「モノ」の力を使うと、

人の心持ちも変わったりするものです。

 

あと、蛇足ですが、販促品にありがちな、

どうにもならないものとか、捨てられてしまうそうなもの、

デザインが適当すぎるもの、になってしまうこともありますが、

それはそれで「笑い話」にして『みんなにちょっといい気分に

なってもらおうと思ったら、失敗した!』

と言っておくと、逆に場が明るくなって効果的かもしれません。

 

ちょっと大事なのは、これを会社の経費で作ってしまうと

「こんなことに使うなら、給料あげてくれ!!」

という文句も出そうなところです。

5千円から1万円程度で作れるものもありますので、

ちょっとばかり自分でも楽しみながら作ってみる、

というところも大切かもしれません。

 

そんなことをする上司がいる、ということを従業員の方が、

家族や友人に話すことで、

会社のイメージもよいものになっていくでしょう。

 

KIRIHARE EAP(従業員支援プログラム)のご紹介

KIRIHARE EAPのストレスチェック機能について

KIRIHARE株式会社の創業思想である「心の健康を大切にできる社会」の実現を目的に開発した、企業様向けの新EAPサービス(従業員支援プログラム)のご紹介です。

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

KIRIHARE EAPの特徴

①従業員のメンタルヘルスを継続的に維持できるよう「メンタル不調の予防」と「メンタル不調の早期発見・介入・回復」に重点を置いたサービス設計

②LINEを活用した双方向型のコミュニケーションで、各従業員の状況に沿った「心のセルフケア方法」を提案すると同時に、社外で気軽に「悩み相談ができる場」を提供

 

KIRIHARE EAPの特徴

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽プレカウンセリング

社内にある保健室のような感覚で、いつでも気軽に利用できるカウンセリング機能です。従業員は、カウンセラー資格や相談援助の国家資格を持つ有資格者に、LINEでのチャット形式やZoomで悩み相談ができます。

▽LINEメールカウンセリング

プレカウンセリングでは解決できない場合などは、心理専門職の臨床心理士が対応します。チャットとは異なり、長文での相談が可能です。

 ▽Zoomや対面のカウンセリング

心理テストの受検結果やプレカウンセリング等で、メンタル不調の度合いや緊急性が高いと判断された場合は、心理専門職の臨床心理士によるZoomもしくは対面でのカウンセリングを提案します。

 

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

 

人事責任者向け機能

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

 

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

現在、弊社がリリースした新EAPサービスを3ヵ月間無料で体験いただけるキャンペーンを実施中です!「従業員のメンタルヘルス対策が必要だと思っていながらも、仕組みをゼロから考えるのは難しい・・・」「コロナ禍でテレワークが進み、従業員のメンタルヘルス状況が把握しづらい」等のお悩みを抱えている企業の人事担当者様必見の特別企画です!!沢山のご応募お待ちしております。

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih