新型コロナウイルス感染が事業所内で発生した際の、ストレス対応で大切なワード

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。

職場にも様々なところがありますが、

高齢者や子どもなどに感染が発生して、

すでに大変な思いをされた方もいるかもしれません。

 

実を言えば、私自身も、福祉法人の子ども施設で、

新型コロナの感染が分かり、対応をしたばかりでした。

 

法人経営者でもあり、公認心理師、臨床心理士、

キャリアコンサルタントでもある筆者が

「新型コロナウイルス感染が事業所内で

発生した際のストレス対応で大切なワード」

というについてお話します。

 

◆こちらの記事はこんな方にお勧めです

〇従業員、利用者などに感染が広まった時どうしたらいいか心配

〇組織の中での、感染対策に対する考え方が様々で、

どのようにリーダーシップを発揮したらいいか悩んでいる

〇クラスターが発生した場合の実際の様子を知っておきたい

 

のんきに文章を書いているように

思われる方もいるかもしれませんが

個人的には、ここ2週間ほど、

しっかりしたお休みがありませんでした。

 

理由は、タイトルにある通りですが

わたしが理事長を務めている法人の子ども施設で職員が

新型コロナウイルスに感染し、利用している子どもに感染

していることがわかり、その対応に追われていたためです。

 

職員にはもちろん落ち度はなく

ワクチンも接種済みで

遊び歩いているわけではもちろんなく

家庭もしっかりした方です。

 

たまたま、発熱があったため、検査をしたところ陽性とわかり、

休日の朝、私のところにその連絡が入りました。

日頃から、保健所の方とは連絡を取り合ったり

担当官を園に招いて、職員研修などをしていたことから、

初期対応は、比較的スムーズに行うことができました。

 

最初のポイントとしては

 

『あらかじめ、発生した際のパターンを

 いくつか想定しておくこと』

 

『保健所などの関係機関とは、

 意識して良好な関係を作っておくこと』

 

です。

これは、今からでは遅い、と思わず

今回のコロナ騒ぎが収束し、保健所等が暇そうになったら、

やっておくことです。

「研修会」ということを持ち出すと、

大変喜んできてくれると思います。

 

さて、発生確認後は、施設の特性もあって、

あわただしい流れでした。

 

全体を休園として、全職員、全園児に検査を実施。

結果的に、新たな感染がわかり、休園措置を取りました。

 

保健所への協力として、検査補助を行ったり

その後の健康観察について、

陰性を確認した職員が交代で行うなど

連携した対応を実施することができました。

 

その後の経緯としては、感染が分かった家庭で

家族内の感染が拡大したり、事前の情報よりは、

症状がややつらいものだったことはありましたが

7日間で通常の運営に復旧することができました。

 

ただ、その7日間は、保健所の方はもちろん、

毎日対応が必要でしたが、自分自身も休みはなく、

毎日の保健所から依頼されている健康観察と、

「濃厚接触者」として待機している職員、

利用者家庭に対するケアに追われました。

 

もちろん、土日祝日も関係ありませんし、

夜中ということでなければ、時間も関係ありません。

 

家庭からは、検査結果などの連絡が来ますし

保健所からは、次にどうするかについての依頼も来ます。

 

私個人と、数名のスタッフは忙しくしていますが

想像すればわかるように

家で黙って待機している職員、利用者家庭は

『どうしたらいいのだろうか』

と悩むはずです。

 

ですので、こういったときは、自身の忙しさももちろんですが

ほんの少しだけ想像力を働かせて

『自分が、待機している従業員だったら』

『自分が、利用している家庭の親だったら』

ということを、推察する時間を持ちましょう。

 

会社組織の方であれば、

出入りしている取引先なども考慮しましょう。

 

一方

新型コロナに関しては、考え方も様々です。

わたしのかかわる園の従業員にも

『ワクチンは打ちません』

という方がいます。

国としては、その点をどんな施設であれ

義務化していませんので

法人としても「義務」にはできません。

 

ですが

利用家庭に損害を与えないように

ということについては、

共通認識を作っていくことができますので、

『様々な利用者の考え方を、

自分の考えと同じように尊重するように』

という言い方をしています。

 

さて、

いまや『電話連絡網』なんていうものを作っている会社組織は

あまりないかと思いますが、

わたしのかかわる園では、

『いくつかの連絡方法』を持っています。

 

まず、「電話連絡網」

それから、SNSを活用した連絡網

あとは、こちらから一方的に情報を提示する

メーリングリストっぽいものです。

利用者についても、

そうしたものを準備するようにしています。

『個人情報が面倒』という方もいるかもしれませんが、

これは、安全確保のほうが優先です。

 

事故災害があった際には

施設としては個人情報よりも、生命を重視します。

ということを、事前にお伝えし、

そうした際に使用する限定をつけて、

情報を提供、活用させていただいています。

今回は、こうした前提が機能していました。

 

ある県では、誹謗中傷につながるので、

感染情報の提供に否定的

というところもあります。

 

感染予防は、生命にかかわること

誹謗中傷は、名誉や権利の侵害にかかわることで

行政が、市民の生命の安全にかかわる情報を操作することは

妙なことにも感じますが、

これも多様な考え方があるのでしょう。

 

従って、

その多様な考え方を前提に

『情報を提供しつつ、合意を形成していくこと』

が、今回のようなコロナ対策の基本となります。

 

情報を提供する際のとても大切なポイントは

『文飾』です。

 

文飾、というのは、文字通り『飾り』なのですが

情報から受けるストレス、というのは、

おおよそこの「文飾」のせいです。

 

例を挙げてみましょう。

 

『深夜に申し訳ございません。つい先ほどのことですが、

ついにわが社でも新型コロナウイルスの

感染者が出てしまいました!!

今後、対策が必要となりますので、この件については、

また明日の午前中に速やかに対応したいと考えます。』

 

・・・なんと回りくどい、

というところでしょうか。

文章を読んでいるだけで、イライラしそうです。

 

端的にはこうでしょう。

 

『お知らせします。22時に保健所から連絡があり、

当社社員に新型コロナウイルスの感染が確認されました。

以降の対応については、明日午前に改めてお知らせ致します。』

 

職員にかける声掛け、も同様です。

 

緊急の際は、焦ったような様子を見せたり

疲れたような雰囲気を見せたりしがちですが

社内のメンタルヘルスを考えるのであれば

ある程度、平然と対応する必要があるでしょう。

 

もちろん、それは自分自身としては

『無理をしている』わけですが、

この事態がひと段落したら

「いや~、あの時はつらかった!!」

といえばよいのです。

 

まずは、余計な詮索を与える『文飾』を排して、

端的に、冷静に情報提供を行いましょう。

 

それから

「新しい情報がない」時には、

『新しい情報はありません』

という発信をすることも大切です。

 

自分自身に置き換えてもわかる通り

現在の、情報が早い時代に、

『知らせが無いのは良い知らせ』ということは、

まずありません。

 

現代においては

『情報がない』ということも価値のある情報です。

 

これだけでも、大分、対応待ちのストレスを減らし、

結果的に、いらない問い合わせなどを防ぐことにもなるので、

ぜひ定期的に使ってみてください。

 

 

KIRIHARE所属 臨床心理士

 

 

KIRIHARE EAP(従業員支援プログラム)のご紹介

KIRIHARE EAPのストレスチェック機能について

KIRIHARE株式会社の創業思想である「心の健康を大切にできる社会」の実現を目的に開発した、企業様向けの新EAPサービス(従業員支援プログラム)のご紹介です。

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

KIRIHARE EAPの特徴

①従業員のメンタルヘルスを継続的に維持できるよう「メンタル不調の予防」と「メンタル不調の早期発見・介入・回復」に重点を置いたサービス設計

②LINEを活用した双方向型のコミュニケーションで、各従業員の状況に沿った「心のセルフケア方法」を提案すると同時に、社外で気軽に「悩み相談ができる場」を提供

 

KIRIHARE EAPの特徴

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽プレカウンセリング

社内にある保健室のような感覚で、いつでも気軽に利用できるカウンセリング機能です。従業員は、カウンセラー資格や相談援助の国家資格を持つ有資格者に、LINEでのチャット形式やZoomで悩み相談ができます。

▽LINEメールカウンセリング

プレカウンセリングでは解決できない場合などは、心理専門職の臨床心理士が対応します。チャットとは異なり、長文での相談が可能です。

 ▽Zoomや対面のカウンセリング

心理テストの受検結果やプレカウンセリング等で、メンタル不調の度合いや緊急性が高いと判断された場合は、心理専門職の臨床心理士によるZoomもしくは対面でのカウンセリングを提案します。

 

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

 

人事責任者向け機能

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

 

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

現在、弊社がリリースした新EAPサービスを3ヵ月間無料で体験いただけるキャンペーンを実施中です!「従業員のメンタルヘルス対策が必要だと思っていながらも、仕組みをゼロから考えるのは難しい・・・」「コロナ禍でテレワークが進み、従業員のメンタルヘルス状況が把握しづらい」等のお悩みを抱えている企業の人事担当者様必見の特別企画です!!沢山のご応募お待ちしております。

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih