ストレス対処をする以前に、できるだけストレスを作らないためのコツ

 

 

ストレス、という言葉があるだけに、なにかちょっと負担を感じることがあると

『ストレスだなぁ』

と考えてしまうかもしれません。

 

もちろん、世の中はストレスにあふれていますし、なにもド根性主義で乗り切れということもありませんが、ちょっとした工夫で「ストレスになりにくくする」ことは可能です。

 

法人経営者でもあり、公認心理師、臨床心理士、

キャリアコンサルタントでもある筆者が

「ストレス対処をする以前に、できるだけストレスを作らないためのコツ」

についてお話します。

 

◆こちらの記事はこんな方にお勧めです

〇仕事だけでなく、ストレスがたまりやすい

〇ストレス解消や発散が苦手

〇心身に不調はないが、ストレスを感じやすい

 

最初に、基本的な知識の確認で大変恐縮ですが

次のことはぜひ知っておきましょう。

 

わたしたちは

ストレス感じるなぁ

というように「ストレス」という言葉を使っていますが、

これはちょっとあいまいな使い方です。

 

実際には、いくつかの段階があり

まず、外的に原因となる

「ストレッサー」が存在します。

例えば、

すごく嫌な上司がいるとか

部屋で悪臭がするとか

アパートの隣の部屋がうるさいとか

そういった、環境のなかにある様々な刺激や影響のことをストレッサーといいます。

物理的、化学的、疲労などの生理的、精神的など、様々なものがあることはご存じでしょう。

 

その影響を、私たちはうけとりますが

すべてが「ストレス」として受け取られるわけではありません。

 

例えば、運動した後の心地よい疲労はストレス解消の方法にもなりますが

労働や、トレーニングとして過剰になると、ストレスとしての疲労になります。

 

たばこの煙などのストレスは、実際に健康被害になったりしますから、

心の持ちようとかでは、どうにも対処できないものだったりもします。

 

ですから

大事なポイントとしては、

ご自身が感じているストレスは、

どのストレッサーによるものであるか

ということは、しっかり分析してみましょう。

 

具体的に言えば

疲労や睡眠不足などの生理的ストレスであれば

まずは休息をとることが対処法となります。

 

これからの時期、花粉症などがありますが

「花粉」という物質が原因でくしゃみ鼻水がとまらず、それでストレスになるとしたら

とにかく花粉を防ぐ、アレルギー薬を飲むなどの対処が必要になってきます。

※私も花粉症です。

 

一方、自分自身の「考え方」「ものの見方」に影響されやすいのは、

「心理的ストレス」です。

 

人とのコミュニケーションが苦手とか

失敗した時に立ち直りにくいとか

困難を前にすると不安になるとか

他の人がそれほどでもないように見えるのに、

自分自身の受け取り方としては、とても大きなことのように見えてしまう場合は

ストレスを感じやすいこととなるでしょう。

 

これについては

良いとか悪いではありませんし、人それぞれの性質ですから

付き合っていくしかありません。

 

こういうお話をしている私も、けっこう心配性で、緊張しやすい人間です。

 

講演会や研修会などを実施して、たくさんの人を前にすると、

思わずどぎまぎしますし、変な汗をかきます。

口は乾くし、声は震えるし、ぜんぜんいい気分ではないです。

 

しばらくして、会場が和んできたりすると、大丈夫になるのですが

何度やっても慣れることのない、そういう性質なのでしょう。

 

ただ、こうした際に、気持ちを切り替えるいくつかのキーワードがあります。

 

大体の場合、精神的な疲労は言葉から発生していることに気づきます。

 

「いやだなあ」

「なんで、こんなことをしなくてはいけないのか」

「わたしばっかり・・・」

「これは無理、大変すぎ」

「失敗したら、どう思われるか・・・」

「どんな人だと思われるんだろう」

 

あるあるですよね。

わたしも、しょっちゅうこうした考えが頭に浮かびます。

 

こうした考えをひっくり返すために使っているのが

「さて、この状況は、どうやったらおもしろくなりそうかなあ・・・」

「これを、笑い話にするにはどうしようか」

「わたしはともかく、この人たちの役に立つにはどうしたらいいかなあ」

 

違いがわかるでしょうか。

 

私自身がストレスと感じる考え方、物の見方の癖は

自己中心的な考え方なのです。

 

「自分が」

「自分は」

みたいなものの見方ですね。

 

ですから、これを控えると、すこし楽になるのです。

 

ですから

人を楽しませるには?

これを笑い話にして面白くするには?

この人たちの利益になるのは?

と考えると、具体的に言えば、ドキドキしなくなり、肩の力も抜けます。

 

夜ベッドに入った時に、一日を思い返してもやもやしそうなときも

「なんで、今日はこんなだったんだろう」

ではなく

「こんなことがあったけど、あれを楽しくするにはどうしたらよかったかなあ・・・」

と考えると

なんだか、失敗したこともネタになります。

 

もしも、なかなか眠れず

「今日のあの出来事は~!!!!!」

というようになっている方がいたら、ぜひ試してみてください。

 

よく眠れて、すこしワクワクしたら

それだけでストレスが大分減るものです。

 

 

KIRIHARE所属 臨床心理士

 

KIRIHARE EAP(従業員支援プログラム)のご紹介

KIRIHARE EAPのストレスチェック機能について

KIRIHARE株式会社の創業思想である「心の健康を大切にできる社会」の実現を目的に開発した、企業様向けの新EAPサービス(従業員支援プログラム)のご紹介です。

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

KIRIHARE EAPの特徴

①従業員のメンタルヘルスを継続的に維持できるよう「メンタル不調の予防」と「メンタル不調の早期発見・介入・回復」に重点を置いたサービス設計

②LINEを活用した双方向型のコミュニケーションで、各従業員の状況に沿った「心のセルフケア方法」を提案すると同時に、社外で気軽に「悩み相談ができる場」を提供

 

KIRIHARE EAPの特徴

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽プレカウンセリング

社内にある保健室のような感覚で、いつでも気軽に利用できるカウンセリング機能です。従業員は、カウンセラー資格や相談援助の国家資格を持つ有資格者に、LINEでのチャット形式やZoomで悩み相談ができます。

▽LINEメールカウンセリング

プレカウンセリングでは解決できない場合などは、心理専門職の臨床心理士が対応します。チャットとは異なり、長文での相談が可能です。

 ▽Zoomや対面のカウンセリング

心理テストの受検結果やプレカウンセリング等で、メンタル不調の度合いや緊急性が高いと判断された場合は、心理専門職の臨床心理士によるZoomもしくは対面でのカウンセリングを提案します。

 

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

 

人事責任者向け機能

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

 

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

現在、弊社がリリースした新EAPサービスを3ヵ月間無料で体験いただけるキャンペーンを実施中です!「従業員のメンタルヘルス対策が必要だと思っていながらも、仕組みをゼロから考えるのは難しい・・・」「コロナ禍でテレワークが進み、従業員のメンタルヘルス状況が把握しづらい」等のお悩みを抱えている企業の人事担当者様必見の特別企画です!!沢山のご応募お待ちしております。

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih