【問題】メンタルヘルスの課題に取り組んだことで 生産性が向上した、という企業は何パーセントくらい? 上場企業調査

これまで、従業員の方の自殺、自死などが、

企業経営に与えるダメージ、という側面から、

企業における「メンタルヘルスの必要性」をお話してきました。

 

というのも、その影響が金額的にも、

社会的影響も甚大であるとともに、

人の命が失われるという最悪の事態は、

企業活動として避けなければならないものである

と考えられるからです。

 

ただし、ある意味で

これは『防御的』・『予防的』意味付けと思われるでしょう。

今回は、「企業におけるメンタルヘルス」の取り組みについて

現状で、推進すべきか迷われているとしたら

生産性の向上という『攻め』の側面でも

『メンタルヘルス』の取り組みは役立つかもしれない

というデータをもとにお話をしたいと思います。

公益財団法人日本生産性本部がまとめた

2019年(令和元年)の資料です。

 

『メンタルヘルスの問題は増加していますか?』

という質問と

『生産性は向上していますか?』

という質問を企業に対して行ったところ、

次のように回答がありました。

ちなみに、調査対象は上場企業2,361社となっています。

(n=226)

 

 

メンタルヘルスの問題が増加している、とする企業は、

生産性の向上に対する評価が50パーセントを割っています。

それに対して、『メンタルヘルスの問題が減少傾向』

の企業では、生産性の向上に「そう思う」「ややそう思う」

という企業が60パーセント以上と多くなっています。

 

当然のようにも思いますが、メンタルヘルスの問題が

減ってくれたほうが、企業の生産性は上がっている

という実感があることがわかります。

 

ただ、これだけですと、単なるメンタルヘルスの問題が

「増えた」「減った」の「現象」と、

「生産性」の関係にすぎません。

 

メンタルヘルスの問題の「増加」「減少」と

「健康増進の取り組み」を行っているか、

効果は上がっているかを合わせた表も出ています。

 

 

メンタルヘルスの問題が増加している企業では、そもそも

「健康増進の取り組みを行っていない」ところがみられます。

メンタルヘルスの問題が減少している企業では、

「取り組みの効果があがっている」という企業が

半数を超えています。

統計的にどうかはわかりませんが、

どうやらメンタルヘルスに対する取り組みを行ったほうが、

『生産性』という点で、優位に立つことにつながる

のではないかということは想像されます。

 

これまでのコラムで触れてきたような

「損害に対する守りのための対応」

というだけでなく

企業の生産性を高める

「攻めの対応」

としても検討する余地がありそうです。

こうした対応は、

昨今の自殺・自死の傾向を考えると、年代や性別を問わず

全社的に行うことが望ましいと考えられます。

また、企業独自の対応ももちろん大切ですが、

メンタルヘルスについては、専門性を持った対応が大切です。

また緊急時や休職段階だけでなく、

平素からの従業員の利用しやすさなどを重視して、

選択していくことが必要と考えられます。

 

KIRIHARE EAP(従業員支援プログラム)のご紹介

KIRIHARE EAPのストレスチェック機能について

KIRIHARE株式会社の創業思想である「心の健康を大切にできる社会」の実現を目的に開発した、企業様向けの新EAPサービス(従業員支援プログラム)のご紹介です。

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

KIRIHARE EAPの特徴

①従業員のメンタルヘルスを継続的に維持できるよう「メンタル不調の予防」と「メンタル不調の早期発見・介入・回復」に重点を置いたサービス設計

②LINEを活用した双方向型のコミュニケーションで、各従業員の状況に沿った「心のセルフケア方法」を提案すると同時に、社外で気軽に「悩み相談ができる場」を提供

 

KIRIHARE EAPの特徴

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽プレカウンセリング

社内にある保健室のような感覚で、いつでも気軽に利用できるカウンセリング機能です。従業員は、カウンセラー資格や相談援助の国家資格を持つ有資格者に、LINEでのチャット形式やZoomで悩み相談ができます。

▽LINEメールカウンセリング

プレカウンセリングでは解決できない場合などは、心理専門職の臨床心理士が対応します。チャットとは異なり、長文での相談が可能です。

 ▽Zoomや対面のカウンセリング

心理テストの受検結果やプレカウンセリング等で、メンタル不調の度合いや緊急性が高いと判断された場合は、心理専門職の臨床心理士によるZoomもしくは対面でのカウンセリングを提案します。

 

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

 

人事責任者向け機能

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

 

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

現在、弊社がリリースした新EAPサービスを3ヵ月間無料で体験いただけるキャンペーンを実施中です!「従業員のメンタルヘルス対策が必要だと思っていながらも、仕組みをゼロから考えるのは難しい・・・」「コロナ禍でテレワークが進み、従業員のメンタルヘルス状況が把握しづらい」等のお悩みを抱えている企業の人事担当者様必見の特別企画です!!沢山のご応募お待ちしております。

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih