「メンタルヘルスの最悪ワード『大丈夫?』を使わない方法」

今回は、「メンタルヘルスの最悪ワード『大丈夫?』を使わない方法」をテーマに、

法人経営をしている公認心理師、臨床心理士、でもありキャリアコンサルタントでもある筆者が、

短時間で従業員の問題に気付くコミュニケーションの仕方について、お話しします。

 

今回のコンテンツはこんな方におすすめです。

 

・社員とのコミュニケーションをとる時間がない

・「大丈夫?」「調子はどう?」などの声掛けで部下に話しかけている

・社員のメンタル不調に早く気づきたいが、方法がわからない

 

一般的な人間関係のなかで交わされるコミュニケーションでは

「頑張って!」

「大丈夫?」

「つらくない?」

などの声掛けは、とても親切で温かい言葉としてとらえられると思います。

相手の様子を思い計って

「元気ですか?」

「何かあったらいつでも声をかけてください」

という言葉も、なんとなく心強く感じたりするものです。

 

けれども、これはあくまでも「一般的な人間関係」においてであることを覚えておかないと

「メンタルヘルス」に取り組むうえでは、逆効果のワードになってしまうことが多くあります。

ちょっとイメージしてみてください。

上司と部下、と言うイメージが難しければ、自分が尊敬する人や、圧倒的に立場が上の人から

「この頃どうですか、元気ですか」

とすれ違いざまに声をかけられたとします。

みなさんなら何と答えますか。
「はい!ありがとうございます。大丈夫です」

「いえ、特に、なにもなく頑張っています」

と答え、

「そうですか、期待していますよ!」

「はい、ありがとうございます」

といって、すれ違っておわり。

となりませんか。

 

これは、普段の様子をあまり知らないから、という「関係性」の問題もありますが、言葉のかけ方が「一般的」な配慮からでる言葉だからでしょう。

社交辞令としては、これでも問題はないのですが、メンタルヘルスとしては0点といってもいい会話になります。

 

でも、仮に、普段の関係性があまり深くないとしても、聞き方を工夫するだけで、改善することができます。

そのポイントをぜひ押さえて活用してみてください。

 

1.『立ち止まるつもりで』話しかけること。

 足を止めずに声をかける、と言うことになりますと、その場の「状況」が私たちに言葉を選ばせます。例えば、ファストフードの店員さんと、会話しようと思わないのと同様で、「この人とは話をすべきではない」という「枠組み」が働きます。

ですから、もし「声をかける」と決めたら、少なくとも3分は話す、くらいの構えが、私たちにも必要で、それが相手に伝わり、「場の力」を作ってしまいます。

 

2.「あいまい」ではなく「具体的に」話しかける

 「調子はどうですか」、「元気ですか」、「この頃どうですか」といった言葉は、相手が答えを多様に選べるオープンクエスチョンのように見えますが、先ほどの「場の力」が「短時間で!」という方向に働いている場合は、定型の返答しか返ってこないものです。それが「社交辞令」というものです。

けれども、もし、短時間でも状況をつかみたいとしたら、1の「場の力」を整えたうえで、具体的に聞くことです。

「顔色が悪いですが、今日は、朝ごはんに何を食べましたか」

「さっき眉間にしわが寄っていましたが、昨日は何時に寝ましたか」

と言うように、具体的なモノ、コト、数字、などが相手の口から出るように聞くことです。
「今日は朝ごはん食べましたか?」は、NGで、これは「はい」、「いいえ」しか出てきません。

いわゆる5W1Hを聴いてください。

「眠そうに見えますが、昨日は何時に寝ましたか?」

「だいぶ汚れが見えますが、その靴はいつ買ったものですか」

ちょっと、きつく聞こえるかもしれませんが、本当に不調な従業員を、しっかり見つけようとすると、こうした聞き方の方が有効です。

そこで、「答えにつまって様子が変わる」、「依然と明らかに違うことを言う」などの場合は、より注意して話を聞き、カウンセリングスキルを使った面談などが必要になってきます。

※上司が持つべきカウンセリングスキル、については今後お話していきます

 

もちろん、「不調である」と分かった後には、こうした対応ではなく、「配慮」を要しますが、私たち自身がそうであるように

「自分はとても体調が悪いです」

「すみません、助けてほしいのですけど」

ということは、なかなか言い出せないのが当然ですし、

それがなかなか言えないから「不調」になるわけです。

 

ぜひ、ご自身の会社でも試してみて下さい。

 

KIRIHARE所属

公認心理師・臨床心理士・キャリアコンサルタント

 

KIRIHARE EAP(従業員支援プログラム)のご紹介

KIRIHARE EAPのストレスチェック機能について

KIRIHARE株式会社の創業思想である「心の健康を大切にできる社会」の実現を目的に開発した、企業様向けの新EAPサービス(従業員支援プログラム)のご紹介です。

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

KIRIHARE EAPの特徴

①従業員のメンタルヘルスを継続的に維持できるよう「メンタル不調の予防」と「メンタル不調の早期発見・介入・回復」に重点を置いたサービス設計

②LINEを活用した双方向型のコミュニケーションで、各従業員の状況に沿った「心のセルフケア方法」を提案すると同時に、社外で気軽に「悩み相談ができる場」を提供

 

KIRIHARE EAPの特徴

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽プレカウンセリング

社内にある保健室のような感覚で、いつでも気軽に利用できるカウンセリング機能です。従業員は、カウンセラー資格や相談援助の国家資格を持つ有資格者に、LINEでのチャット形式やZoomで悩み相談ができます。

▽LINEメールカウンセリング

プレカウンセリングでは解決できない場合などは、心理専門職の臨床心理士が対応します。チャットとは異なり、長文での相談が可能です。

 ▽Zoomや対面のカウンセリング

心理テストの受検結果やプレカウンセリング等で、メンタル不調の度合いや緊急性が高いと判断された場合は、心理専門職の臨床心理士によるZoomもしくは対面でのカウンセリングを提案します。

 

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

 

人事責任者向け機能

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

 

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

現在、弊社がリリースした新EAPサービスを3ヵ月間無料で体験いただけるキャンペーンを実施中です!「従業員のメンタルヘルス対策が必要だと思っていながらも、仕組みをゼロから考えるのは難しい・・・」「コロナ禍でテレワークが進み、従業員のメンタルヘルス状況が把握しづらい」等のお悩みを抱えている企業の人事担当者様必見の特別企画です!!沢山のご応募お待ちしております。

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih