職場における「対人トラブル」の調整方法

 

組織は、異なる人間同士で構成されていますから、

当然、考え方がことなっており、

必然的に仲が良い、悪いが生じます。

決定的なことにならなければ、個人の問題で済ませることとは

言えますが、業務に差し支える場合はそうはいきません。

 

法人経営者でもあり、公認心理師、臨床心理士、

キャリアコンサルタントでもある筆者が

『職場内退陣トラブルの解決方法』についてお話します。

 

◆こちらの記事はこんな方にお勧めです

〇いがみ合っている職員がいる

〇人間関係にどこまで立ち入っていいかわからない

〇人間関係が悪い職員同士をどう処遇していいかわからない

 

「対人関係」はトラブルのもと

 

人間が複数集まると、多かれ少なかれ

トラブルはあるものです。男女間でも、

男性同士でも女性同士でも、性別は関係ありません。

 

わたしは、臨床の現場のスタートは少年院という場でした。

わたしは体格も170センチくらい、

体重も50キロそこそこの、どちらかというと

細いほうですから、17.18歳の少年たちのなかには、

「これは本気でかかってこられたらかなわないな・・・」

と体感としてわかることも少なくありませんでした。

 

だからと言って、規則をいいかげんにしたりすることは

できませんし、更生をうながすべく、対応するしかありません。

 

わたしの心理技術のかなり多くの部分は、

この自分自身がぎりぎりの立場におかれていた現場での

相手の心理把握と働きかけで身についたと思っています。

 

少年たちは、様々な組織に入っていたり、

それまでの成育歴等から、人間不信などが強い傾向が

ありましたから、とにかく対人トラブルが多いのです。

 

「なんだか、嫌な目で見てくる」といっては

「なにか文句あるのか」とケンカを吹っ掛けたり

同じ居室内で共同生活をしていますから、

このごまと気に入らないことがあったり

違う意味ではなれ合いが生じて、

規則違反をしようとしてみたりと

本当にいろんな人間関係の形を目の当たりにします。

 

しかも、それらが非常に「濃い」ものでした。

 

対人関係は、わたしたち社会人においても、

職場のストレスの重要な部分を占めています。

組織の中でも、グループ化や、いじめ、ハラスメント、

などの問題がたくさんあるでしょう。

 

わたしの現在の職場は福祉関係の法人ですので、

シフト勤務でいろいろな職員が入れ替わります。

難しいのは、連絡調整のところで

「こう連絡したのに、違うようになっていた」

「そんな風には聞いていない」

とか、1対1の人間としてどうというより、

「言った、言わない」「意味が伝わらない」

というトラブルが時々あります。

 

ただ、これまでもお話している通りで、

退職する人がほぼ皆無の職場なので、

基本的にはそんなに大きく対立したり、

根深くなることはありません。

 

というか、そうならないように、

必要な時は「対人調整」をしています。

 

必要な脚色をして、お話ししましょう。

 

「対人調整」の事例

 

何年か前ですが、パートで入っていた職員が、

ある女性職員の態度が気に入らない、として、その職員に

「馬鹿にしてるのか」

などと暴言を投げかけたことがありました。

 

その女性職員は、私のところに駆け込んできて

「もう仕事していられません!!やめます!!」

と感情的な状態でした。

周りで見ていた職員も数名いましたので、

一人ずつ呼び出して様子を聞いていきます。

 

状況としては、午後から現場に入ったパート職員に対して、

女性職員が午前中の様子を引き継ぎしていたようです。

その時の言い方が気に入らない、として、

そのパート職員が腹を立てたという、

なんともこの状況だけ聞くと、大人げない、と

評されてしまいそうな場面に思われます。

 

パート職員を呼び出して、話をきくと、前段階があったようで

「自身の身内がなくなった時に、その女性職員は

香典をよこさなかった。自分にとっては大切な身内で、

その女性職員は、他の職員の身内が亡くなった時には、

香典を出していたのに。私を馬鹿にしているんです!!」

というわけです。

 

対処方法

 

皆さんなら、どのように対処するでしょうか。

 

わたしは、心理職としては、まず

「そういう背景があったことは、知りませんでしたが、

ご自身としては大切な身内をなくされたことはもちろん、

同僚にその悲しさを理解してもらえなかったことが

悔しかったということですね」

と返しました。

 

「その通りだ。絶対許さない」とその職員は、言います。

 

「けれども、その各個人の事情を、仕事現場に持ち込まれては、

私は指導、注意をせざるを得ないのはわかりますか?

その女性職員を、あなたがどう思っても、それは自由です。

許さなくても仕方ないですが、その態度を職場に持ち込んで、

業務に支障が出た場合、

私はあなたの責任を問うこともあり得ます」

 

ポイントは、ここです。

人間関係そのものについて、

わたしたち管理職が立ち入るものではありません。

 

それは個人の心情の問題ですから

「仲良くしなさい」という学校のようなところとは違います。

 

けれども「業務に支障が出る」という客観的状況を

生むとしたら、それは「仕事として」注意指導します。

 

また、多くの管理職の方は、こうしたことに介入することは、

すごく面倒で、対応したくないことの一つかと思います。

 

ところが、こうしたことについて、

管理職が「個人のことだから」として逃げてしまいますと、

他の職員からの信頼も失うのです。

 

このことに納得したあと、

「心情はお察ししますが、今後どうされますか?」と聞くと

「わかりました。たしかに、大人げなかったとはおもいます。

許しませんが、今後は職場ではそうした態度は

しないとお約束します。」

 

『そのことを、女性職員とのお話でもいうことはできますか?』

 

「わかりました。お約束します」

 

パート職員との話がまとまり、

泣いていた女性職員を呼び出します。

 

先ほどのパート職員が話していたことを、

多少柔らかくして伝えます。

 

身内が亡くなった時に、共感してもらえなかったように感じたこと。

職場でその感情を出したことについては、反省していること。

以降、職場においてそうした態度は出さないと約束すること。

 

「そう聞いて、どう思いますか?」

 

その女性職員は、まさか、自分が

香典を渡していなかったことで、そんな関係になっていた

とは思いもよらなかったようです。

 

「それが原因なのだったら、決してそんなことはないことは

お伝えしたいです。ただ、職場でああしたことを言われると、

わたしも困るので、それはやめてほしいです。」

 

『では、そのことをお話できますか?』

 

「わかりました」

 

この状態で、はじめて二人を同席させます。

 

わたしが間にはいって、

現場で起きたことを、間違いがないか確認します。

 

『それで、先ほど個別に確認したのですが、、、』

二人に確認した事項を、もう一度二人の前で話します。

 

そうでしたよね?というと、もちろん二人はうなずきます。

 

それで、お二人とも、すこし付け足したいところが

あるようなので、〇〇さんからどうぞ。

 

「大人げないことを言いましたが、先ほど、お話された通りで、

今後はそうしたことはしません。すみませんでした」

 

「ご香典のことは、悪意があるわけではなく、

すみませんでした。

でも、今回のようなことはとてもショックで・・・。

こういうことはやめてほしかったです」

 

そのあと、しばらく、言葉と感情の推移を見守ります。

 

『以降、ここから出て、現場に戻ったら、

今回の話はぶり返さない。

他の職員に対しても、お互いの悪口めいたことは言わない、

ということで、いいですね?』

 

この確認が大切です。

 

『では、終わりますので、お二人とも立ってください。

今後ともよろしくお願いします』

 

三者で、挨拶をして、解散させます。

 

非常に面倒くさい手順のように感じられるかもしれませんが

対人トラブルがあるときには、

かならずこのような調整を行います。

 

まとめ

全体の時間としては、40分くらいでしょうか。

わたしも、執務時間を取られますので、

あまりやりたいものではないですが、

「こうした職場の人間関係から逃げない」

ということは、意識しているところです。

 

わたしの運営する組織では、こうしたことは、

職場の風土を作るうえで、非常に重要だと考えています。

 

KIRIHARE所属 臨床心理士

 

KIRIHARE EAP(従業員支援プログラム)のご紹介

KIRIHARE EAPのストレスチェック機能について

KIRIHARE株式会社の創業思想である「心の健康を大切にできる社会」の実現を目的に開発した、企業様向けの新EAPサービス(従業員支援プログラム)のご紹介です。

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

KIRIHARE EAPの特徴

①従業員のメンタルヘルスを継続的に維持できるよう「メンタル不調の予防」と「メンタル不調の早期発見・介入・回復」に重点を置いたサービス設計

②LINEを活用した双方向型のコミュニケーションで、各従業員の状況に沿った「心のセルフケア方法」を提案すると同時に、社外で気軽に「悩み相談ができる場」を提供

 

KIRIHARE EAPの特徴

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽プレカウンセリング

社内にある保健室のような感覚で、いつでも気軽に利用できるカウンセリング機能です。従業員は、カウンセラー資格や相談援助の国家資格を持つ有資格者に、LINEでのチャット形式やZoomで悩み相談ができます。

▽LINEメールカウンセリング

プレカウンセリングでは解決できない場合などは、心理専門職の臨床心理士が対応します。チャットとは異なり、長文での相談が可能です。

 ▽Zoomや対面のカウンセリング

心理テストの受検結果やプレカウンセリング等で、メンタル不調の度合いや緊急性が高いと判断された場合は、心理専門職の臨床心理士によるZoomもしくは対面でのカウンセリングを提案します。

 

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

 

人事責任者向け機能

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

 

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

現在、弊社がリリースした新EAPサービスを3ヵ月間無料で体験いただけるキャンペーンを実施中です!「従業員のメンタルヘルス対策が必要だと思っていながらも、仕組みをゼロから考えるのは難しい・・・」「コロナ禍でテレワークが進み、従業員のメンタルヘルス状況が把握しづらい」等のお悩みを抱えている企業の人事担当者様必見の特別企画です!!沢山のご応募お待ちしております。

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih