ハラスメントにならない「従業員教育の考え方」は、まずこれを伝えよう

 

世界では、いまだに「職人」に弟子入りをして仕事を学ぶ、

という制度がたくさん残っています。

けれども、現在の「会社」という組織では、

一般的にイメージするような、徒弟制度的なやり方では、

成り立たなくなってしまいました。

 

法人経営者でもあり、公認心理師、臨床心理士、

キャリアコンサルタントでもある筆者が

ハラスメントにならない「従業員教育の考え方」

についてお話します。

 

◆こちらの記事はこんな方にお勧めです

初任者研修などの実施に苦心している

従業員教育の実施に行き詰っている

技能を身に着けた従業員がやめてしまう

 

戻ってくる離職者

 

記事の連載をはじめた最初のころ

『わたしの職場では、新任者を採用すると、

3年くらいしていったん職場を離れてしまう人がいる。

でも、数年すると、また戻ってくる』

というお話をしたことがあります。

 

これは、いくつか意味があって

ひとつは、新採用者の採用というのは、

いくらインターンなどを実施したとしても、

学生と現場の間にギャップがあるために、『現場を知らない』

という点から、他の職場には違う環境があるのではないか、

という認識から離職してしまうパターンがあること』

 

『そうした、「現場を知らない」状態で、

就職してきた学生などについては、

ちょうど仕事を覚えたあたりで離職してしまうことや、

現時点での職場に対する違和感だけで離職してしまうために、

結局、次の職場でもうまくいかないことが多いこと』

 

『違う職場を見たときに、「やっぱり前の職場が良かった」

と思える離職の仕方をさせておくと、その職員は、違う現場を

知った状態で戻ってくるので、次の離職は起きにくいこと』

 

といったことをお話したのです。

 

従業員教育の意義

 

職員教育は、さまざまな側面がありますが

ドイツの「マイスター制度」に見るような「徒弟制度」は、

日本ではほぼ『職人』といわれる分野にしか残っていません。

 

ですので、会社などで、メンター制度などをつくって、

特定の社員にお世話係のようなことを振り分けたからと言って、

それほど職務遂行や離職防止に役立っていないように

感じられるのは、仕組みそのものがそれほど

時代とマッチしていないためではないかと思います。

 

仮に、そうした制度を導入する場合には

『会社そのもの、社員一人一人が、

それぞれのキャリア形成をどう考えているか』

という根本的な共通認識ができているかを確認しましょう。

 

つまり

『新しい職員が入るから、〇〇さん、

ちょっと教育係お願いしますね』

というだけではなく

『この組織は、ここで働く一人一人の人生について、

どう考えているか』

が、浸透して、初めて従業員教育の意味を成してきます。

 

ですから

「この書類が上がってきたら、ここにハンコをおして、

次の〇〇部の〇〇さんのところにもっていってね」

という『業務内容』のことだけではなく

この職場で、何年仕事をするかわからないれども、

『この職場での仕事を通して、

従業員自身に何を実現してほしいのか』

ということを、共有することです。

 

会社というものは、理念とか、方針とか、

目的をもって存在しています。

これまでは、それがメインの働き方でしたから

「もっとしっかり働け」

「こんなこともできないのか」

といった言葉になっていたものが、

今はハラスメントとなります。

 

これからは、会社にはこれまでと同じ、

理念や方針などがありますが

従業員一人ひとりの人生を踏まえる必要があります。

 

従業員はどんなことをするために、今ここに現れたのか

 

さて、「夜と霧」という作品で有名なフランクルという

精神科医をご存じでしょうか。

ナチスの強制収容所にいれられ、家族をなくすという、

悲惨な経験をしました。

 

「それでも人生にイエスという」

という作品は、その経験を語ったものをまとめた作品です。

 

その中に、こんな一節があります。

 

『人生が、わたしに何を期待していたかを問う』

 

意味が分かるでしょうか。

 

わたしたちは、「大きくなったら〇〇になりたい」

ということを、何回も言わされ

「将来の夢は?」

「家業は継がないの?」

「安定した職についてほしい」

「いい学校に行かないと将来が不安」

などなど、思い返せば、将来に対する心配や不安ばかりを

あおられているとも言えます。

 

また、

「君のためを思って言っている」とか

「そんな生活では困る」とか

これは、すべて「自分自身の価値観」

ベースにしたものの見方です。

 

そうせざるを得ないことも、もちろんありますが

フランクルの言った

「人生が、わたしに何を期待したのかを問う」

ということを時々、思い浮かべててはいかがでしょう。

 

いろんな苦境や、思い通りにならないこと、

自分がイメージしていたのは異なる環境、

これは、みんなそうです。

はたから見て、幸せそうであっても、

本人は不幸のどん底であることもあります。

 

そうした、外的な要因に不平不満を持つのではなく、

こうした状況の中で、

「ここに生を受けている私は、

どんな風に生きることを願われたのだろうか」

ということです。

 

これは、従業員の方にしても同じ事です。

「この人は、現在こういう状況だけれども、

どんなことをするために、今、ここに現れたのだろうか」

 

あるカトリック系の学校の創始者であるシスターが

教育についてこんな風に言っています。

 

『私たちがすることは、

神様がその人に描いた夢を実現すること』

 

さて、みなさんの従業員教育は、

どんな思いのもとに実施されていましたか?

 

KIRIHARE所属 臨床心理士

 

KIRIHARE EAP(従業員支援プログラム)のご紹介

KIRIHARE EAPのストレスチェック機能について

KIRIHARE株式会社の創業思想である「心の健康を大切にできる社会」の実現を目的に開発した、企業様向けの新EAPサービス(従業員支援プログラム)のご紹介です。

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

KIRIHARE EAPの特徴

①従業員のメンタルヘルスを継続的に維持できるよう「メンタル不調の予防」と「メンタル不調の早期発見・介入・回復」に重点を置いたサービス設計

②LINEを活用した双方向型のコミュニケーションで、各従業員の状況に沿った「心のセルフケア方法」を提案すると同時に、社外で気軽に「悩み相談ができる場」を提供

 

KIRIHARE EAPの特徴

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽プレカウンセリング

社内にある保健室のような感覚で、いつでも気軽に利用できるカウンセリング機能です。従業員は、カウンセラー資格や相談援助の国家資格を持つ有資格者に、LINEでのチャット形式やZoomで悩み相談ができます。

▽LINEメールカウンセリング

プレカウンセリングでは解決できない場合などは、心理専門職の臨床心理士が対応します。チャットとは異なり、長文での相談が可能です。

 ▽Zoomや対面のカウンセリング

心理テストの受検結果やプレカウンセリング等で、メンタル不調の度合いや緊急性が高いと判断された場合は、心理専門職の臨床心理士によるZoomもしくは対面でのカウンセリングを提案します。

 

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

 

人事責任者向け機能

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

 

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

現在、弊社がリリースした新EAPサービスを3ヵ月間無料で体験いただけるキャンペーンを実施中です!「従業員のメンタルヘルス対策が必要だと思っていながらも、仕組みをゼロから考えるのは難しい・・・」「コロナ禍でテレワークが進み、従業員のメンタルヘルス状況が把握しづらい」等のお悩みを抱えている企業の人事担当者様必見の特別企画です!!沢山のご応募お待ちしております。

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

 

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih