高ストレス者の対応

 

高ストレス者に対して国はストレスチェックを行うよう義務化している

月80時間超の時間外若しくは休日労働を行う人物に対しては、実は国側が労働者の保護を目的に、ストレスチェックなるチェックを行うことで労働者が高ストレス化で仕事をしていないかどうかをチェックするという仕組みがあります。

なぜ、このような仕組みを取り入れているかですが、これは長時間労働による労働で、脳梗塞とか、心筋梗塞のリスクを減少させることを目的に会社側が取り組む義務になります。

 

ストレスチェックで高ストレスが認められた場合に取るべき対応

労働衛生法は、いわば、ストレスチェックによって従業員が疲弊しているかどうかを確認し、労働基準法と衛生法に照らし合わせて、企業の労働環境を整えるための法律です。

なので、従業員の多数が高ストレス化にあると認められた場合、企業側は労働改革を行わなければなりません。これを無視した場合、企業側に対してペナルティで罰金のほか最悪営業停止という処分を国が行いますので、企業側がとるべき行為は、労働者の保護である労働時間の縮小になります。

 

高ストレス化を軽減するために企業が取り組むべき方法

ストレスチェックにより、社員が高ストレス化にあると判断された場合、企業側がとるべき行動ですがリモートワークによる社員の社外での活動を許すことのほか、フレックスタイム制の導入などで社員に対して出社して労働する時間を減らすという方法でストレスの緩和を図るのが望ましい方法でしょう。

他にもテレワークなども社員が会社に来て働くという時間を減らす方法で、これも車内で働く時間が減少し、家庭と会社のお仕事の両立ができることから、ストレスの緩和につながる方法になります。というのも、企業において社員が高ストレス化に置かれる理由の一つが家庭や自分のプライベートと会社の仕事の両立ができないことが大きなストレスになることが多く、特に残業などを社員が会社で担えば、家庭の両立やプライベートの両立は遠ざかるのです。よって、社員の高ストレス化による問題を軽減するには、出来るだけ会社に出社する頻度を下げる方法が望ましいわけです。

 

産業医によるストレスチェックの意見は大きい

企業内の従業員の健康を守るお仕事で、産業医というものがありますが、産業医による高ストレス化にある社員を割り出すストレスチェックにて、問題がある事業者であると判断した場合、産業医の意見というものは大きいと言えます。

なぜなら、高ストレス化にある人物のケアを行うことが可能なのは、産業医になり、産業医の意見を企業が取り入れることで企業は従業員の健康を保護することができるのです。逆を返せば、産業医の意見をまるっきり無視して産業医の意見を聞くことを放棄すれば、ストレスチェックを行っている企業は社員の健康を無視した企業であると認識されますので、社員がトラブルを起こすか、第3者の密告があり、社員の健康が守られていないことが露見すれば、営業停止の処分を受ける可能性があるわけです。よって、産業医の意見というのはかなり重要で、どこに問題があるのか、という社員の健康を阻害している要因を分析し、経営陣に指摘できる産業医の意見は大きいと言えます。

 

産業医は医師の立場で社員の保護をに勤める

産業医は、ストレスチェックによって導き出されたデータをもとに高ストレス化にある人物を割り出し、社員の保護をするように努めます。

よって、企業側は、産業医が行う健康診断のほか、面接によるストレスチェックから社員が高いストレスを抱えていると産業医が判断した場合、解決に努める必要があります。これについては労働衛生法により、社員を保護する必要性があるため、ブラック企業と言われる企業でない限り企業は従う必要性があります。

 

終わりに

高ストレス者の対応についてですが、基本的に企業とかかわりがある産業医が面接によって高ストレス化にある社員がいると判断した場合、企業と相談し、労働環境を改善することで対応をします。

なので、労働環境が労働者に対してストレスをあまり与えないように変化したとみなすと初めて労働環境が改善し、労働衛生法による社員の保護が成立したとみなすのです。逆を返せば、高ストレス化にある社員が多く存在していても会社が最終的に労働環境の改善を決断しなければ、残念ながら国が動いて労働衛生法違反で企業を停止させる処置を最悪取らざるを得ないのです。

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

 

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

 

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

 

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

 

 

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

 

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

 

 

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽オンライン保健室

一次受付として、産業カウンセラーがカウンセリングさせて頂きます。従業員の方の状況に合わせてカウンセリングの継続のご案内、2次受付窓口のご案内をさせて頂きます。

 

▽ハラスメント相談窓口

従業員の方は有人対応、無人対応のいずれかより、ストレスの無い方法でご相談頂けます。有人対応/無人対応いずれの場合も、産業カウンセラーが事実確認を行なった後に、人事の方に情報をご共有致します。

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

人事責任者向け機能

 

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

 

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih