ストレスチェック 診断(ストレスチェック後の高ストレスに対する対応)

ストレスチェックによってメンタルヘルスに異常を確認できた人に対して、事業者はしっかりとアドバイスなどを行いながらフォローを行わなければなりません。職場改善なども必要となるケースが出てくるので、組織編成などでも時には影響を与えることがあります。診断結果で高ストレスを抱えていると判断された労働者を、どうカバーしていくかが事業者としては重要になっていきます。

 

そもそもメンタルヘルスというのは、不調になると体調を崩すこともあります。ストレスチェックはリスクを評価していることもありますが、医師による面接でチェックすべきポイントは3つあります。

 

・該当者の現在の勤務状況を確認していきながら、本当にストレスを抱えるような状況となっていたかを把握していきます。

 

・心理的な負担が職場などでどのくらいあるか状況を把握していき、最後のプライベートなど仕事以外の心身の状況をチェックしていきます。

 

・医師が的確な説明やアドバイスなどを行って、申し出た高ストレスの従業員本人がどのくらい不調なのか把握してもらうことになります。

 

その後に本人が必要なセルフケアを理解して取り組んでもらうきっかけになるのが、ストレスチェックの診断結果から行われる面接と考えていいでしょう。この面接から1か月以内を目処にして、医師は事業所に対して従業員が健康を維持するために必要な情報を聞き取りを行うことがあります。そして就業上において措置を行うかどうか検討していくことが必要となってきます。

 

高ストレスを抱えている人が従業員の中にいる時に、素直に申し出てくれる時には事業者もしっかりと対応していくことができます。反対に診断結果をもらっても、高ストレスを事業者に公表したくないと自分から面接などを申し出ないケースも出てきます。その時には結果が事業者に入ってくるので、その従業員へのフォローを行わなければなりません。高ストレス者だと認定されても、従業員は不当扱いなどを不安視する傾向にあります。また結果を上司などに知られると、よりハラスメントなどを引き起こすのではと恐怖心を感じてしまうこともあります。この結果高ストレスを抱えていても面接を申し出ないで、より体調悪化を招いてしまうこともあります。

最悪の事態を防ぐためには、最初に従業員に対してストレスチェックを行う際に目的を明確に伝えましょう。これを伝えないと、従業員は不利益に扱われると感じて拒否することもあります。しっかりと説明を行って周知したところでストレスチェックを行って診断していき、その結果が悪い時には従業員が率先して医師に面接指導を依頼できる環境を作っていかないといけません。その上で高ストレスの従業員が申し出ない時には、強引に事業者も促してはいけません。面接について高ストレスを抱えている従業員については、外部で受診してもらうようにお勧めすることが重要です。高ストレスを改善できる心療内科もしくはカウンセリングは色々とあるので、フォローしながら対応していくようにしましょう。

 

高ストレスを抱えている従業員に対して面接指導を行う際には、配慮しなければならないポイントもあります。悩みなどで心身ともに悪化している時には、負荷も非常に高いです。配慮しなければならないポイントをしっかりと把握しておかないと、従業員のストレスは増すばかりです。そこで神経質になりながら、丁寧に扱っていく必要があります。最初に面接指導について抵抗感がある従業員に対して、面接指導を行うことで生じるメリットを正確に伝えていきます。面接指導という言葉だけで、細かく情報を聞かれてしまうと身構える人も少なくありません。

 

しかし改善できるメリットが色々とあることを伝えていき、前向きに検討できるようにしましょう。そして医師や保健師が対応していくので、自分が置かれている状況を正しく整理していくことができます。心身の状態や自分の悩みをきちんとフィードバックしてもらうことができます。そして今後必要となるセルフケアをアドバイスしてもらいながら、改善に向けて専門家と一緒に進んでいくことが可能です。

 

決して不利益にもならず、個人情報が決して漏れないように対応してもらうことも教えていきましょう。また事業所がストレスチェックの結果を受けて、不利益な対応をしたら法律違反になることも伝えておくといいでしょう。伝えていく中で従業員も高ストレスを診断結果で受けて改善したいと思うケースも出てくるので、サポートしていきながら医師に面接指導をしてもらうように誘導していくことが重要です。そして事業者はプライバシー保護をきちんと行っていくことも必要で、高ストレスを抱えた従業員が医師に指導を受けていると外部に漏れないように配慮することが求められます。もしも職場に情報が行き渡ってしまうと、ストレスを抱えてしまう仕事などを与えているのではと周囲も不安になってしまいます。それが経営状況にも支障をきたすことがあるので、プライバシー保護は非常に大切です。漏れないように高ストレスを抱えた従業員がメンタルヘルスを改善できるように、体制を事前に整えておきましょう。

 

▽こんな方におすすめ

  • 従業員のメンタル不調を事前に防ぎたい
  • 健康経営を実現したい
  • 社内の福利厚生が充実していることを対外的にアピールしたい
  • 採用において自社を『ブランド化』し、魅力を高めたい

上記のようなニーズがお有りの場合、当社のサービスを通じて解決できるかもしれません。
詳細は以下をご確認ください。

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらからhttps://meetings.hubspot.com/operation9/kirih

 

 

▽予防

既存のEAPサービスは、「従業員がメンタル不調に陥った後に、相談する」というフローが基本でしたが、KIRIHAREが提案する新EAPサービスでは、不調にならないための「予防」を何よりも重視し、従業員自らが、「心のセルフケア」を意識できる環境を提供します。

 

▽発見

従業員は、LINEにて心理テスト等による定期的な自己チェックが可能なため、ストレス状態への気づきや意識を促し、早期発見に繋げます。

 

▽早期介入

高ストレス状態であることを従業員自身が自覚できず、自ら対処できない場合、KIRIHARE側がメンタルヘルスの状態を検知し、LINEのプッシュ通知を使って、セルフケアの促進やカウンセリングを提案し、メンタルヘルスの悪化を防ぎます。

 

 

▽早期回復

企業全体で、メンタル不調の予防・早期発見と介入のサイクルを回すことで、従業員がメンタル不調を引き起こした際も、早期回復を実現します。

 

KIRIHAREが提供するセルフケアコンテンツ一覧

 

 

【KIRIHARE EAPカウンセリング機能】

▽オンライン保健室

一次受付として、産業カウンセラーがカウンセリングさせて頂きます。従業員の方の状況に合わせてカウンセリングの継続のご案内、2次受付窓口のご案内をさせて頂きます。

 

▽ハラスメント相談窓口

従業員の方は有人対応、無人対応のいずれかより、ストレスの無い方法でご相談頂けます。有人対応/無人対応いずれの場合も、産業カウンセラーが事実確認を行なった後に、人事の方に情報をご共有致します。

KIRIHARE EAP カウンセリング機能

人事責任者向け機能

 

▽ダッシュボード機能

カウンセリング相談の希望者や実際に相談を開始した従業員の統計などが瞬時に把握できます。従業員全体のメンタルヘルス状況を多角的に理解することで、各部署の業務量や人員の調整、業務手順の見直しなど、業務環境の改善を検討する一つの手段としてもお役立ていただけます。

▽レポート作成機能

ダッシュボードで表示された項目をグラフで表示し、レポート作成が可能です。

▽ストレスチェックシステム(従業員50名以上の場合)

年に1回実施の義務のあるストレスチェックの運用が、システムにて無料で行えます。面倒な事務作業や集計、集団分析も管理画面にて全て対応可能です。

KIRIHARE EAPダッシュボード機能

 

「まずは話だけでも聞いてみたい」「とりあえず資料が欲しい」などのご希望があれば、以下に記載のURLより、お問い合わせください。

▽KIRIHARE EAP公式ページ
https://kirihare.jp/

▽資料請求
https://share.hsforms.com/18kN8rZspTq2MAEOFbwW_gg5m6sq

▽新規登録(人事ご担当者様向け)
https://kirihare.jp/ap/user/register

▽貴社の状況に合わせたサービス内容をご提案します。無料相談はこちらから
https://meetings.hubspot.com/operation9/kirih